ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > 県内産ムラサキイガイの下痢性貝毒の規制値超過について

県内産ムラサキイガイの下痢性貝毒の規制値超過について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月3日更新

   令和元年6月24日に採捕した本県産ムラサキイガイから規制値を超える下痢性貝毒が検出されました。 
   本県産ムラサキイガイについては、令和元年5月16日付けで規制値を超える麻痺性貝毒が検出されたことから、採捕及び販売等の規制措置並びにムラサキイガイを捕食するトゲクリガニ及びイシガニも毒化していることが推定されるため、採捕及び出荷の自粛を要請しておりますので、規制等が解除されるまでの間は、引き続き、採捕や出荷・販売はしないようお願いします。

(参考)報道発表資料(令和元年5月16日) [PDFファイル/115KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。