ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > レジオネラ症について

レジオネラ症について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

レジオネラ症とは

 1976年にアメり力のフィラデルフィアのホテルで在郷軍入会総会が開かれ、その参加者などの間で原因不明の肺炎が集団発生しました。

 原因は細菌による感染症でしたが、在郷軍人会のLegion(レジオン)をとって「レジオネラ症」という病名がつけられました。

 レジオネラ症はレジオネラ属菌が原因で起こる感染症で、乳幼児や高齢者、病人など抵抗力の低下している人がかかりやすい傾向にあります。

 また、この病気はレジオネラ肺炎とポンティアック熱とに分けられます。

 レジオネラ肺炎は、高熱、悪寒、筋肉痛、吐き気、意識障害等を主症状とする肺炎で、時として重症になる場合もあります。

 —方、ポンティアック熱はインフルエンザに似た非肺炎型熱性疾患で、悪寒、筋肉痛、発熱などが見られ、—般に軽症で数日で軽快します。

レジオネラ症の原因菌

 レジオネラ属菌は土壌や河川、湖沼など自然界に広く生息しています。

 菌の増殖に必要な温度は25〜43℃、特に成長に適する温度は35〜37℃です。

 菌の形態は長さ2〜20ミク口ン、幅0.3〜0.9ミクロン程度の細長い菌です。

 レジオネラ属菌は生存・増殖するために、他の細菌や藻類などから必要な栄養分を吸収したり、アメーバなどの原虫に寄生します。

アメーバに寄生するレジオネラ属菌の顕微鏡写真














 アメーバに寄生するレジオネラ属菌の顕微鏡写真(写真提供:国立感染症研究所 寄生動物部)


国内外のレジオネラ症発生事例

 最近の国内の事例では、平成8年はじめに東京都内の病院の新生児室で乳児3名がレジオネラ症を発症し、うち1名が死亡するという事故がありました。

 過去にもレジオネラ肺炎と診断・報告された患者が86名いたという研究報告が発表されています。

 また、外国では、アメり力のフィラデルフィアのホテルで221名が発症し、34名が死亡した事例、イギリスのスタンフォ—ドの病院で158名が発症し、36名が死亡した事例などがあります。

レジオネラ症はこんなところから感染します

 土壌や淡水に生息しているレジオネラ属菌が土ぼこりとともに空調設備のひとつである冷却塔などに入り、増殖した菌が冷却水の工アロゾル(目に見えないような細かい水滴)とともに飛散し、人の呼吸器系に侵入してレジオネラ症を起こすといわれています。

 冷却塔以外には、加湿器、給湯設備、循環式浴槽、人工の滝や噴水などが感染源となる可能性もあります。

レジオネラ症の感染源