ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

黄色ブドウ球菌

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新
Staphylococcus aureus  黄色ブドウ球菌の絵

 

菌の特徴

 この菌は、自然界に広く分布しており、健康な人の皮膚やのどなどにもいます。 この菌は、食べ物の中で増殖するときにエンテロトキシンという毒素をつくり、この毒素を食品といっしょに食べることにより、食中毒をおこします。 この毒素は熱や乾燥にも強い性質があるので、十分な注意が必要です。

原因食品

 おにぎり、弁当、仕出し弁当、生菓子類が原因食品として多く報告されています。

症状

 潜伏時間(発症までの時間)は、1~5時間。 主症状は、吐き気、嘔吐、腹痛。下痢をともなうこともあります。

予防のポイント

  1. 手や指に傷がある人や手の荒れている人は、直接食品に触れたり、調理したりしないこと。
  2. 手や指の洗浄、消毒を十分に行うこと。
  3. 食品は10℃以下で保存し、菌が増えるのを防ぐこと。
  4. 調理にあたっては、帽子やマスクを使用すること。

食品安全のページトップへ食品生活衛生課トップへ