ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 動物・ペット > ペット・狂犬病予防 > 平成30年9月22日(土曜日)に「平成30年度福島県動物愛護のつどい」を開催しました!

平成30年9月22日(土曜日)に「平成30年度福島県動物愛護のつどい」を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月28日更新

 平成30年9月22日(土曜日)に、福島県動物愛護センターにおいて、「平成30年度福島県動物愛護のつどい」を開催しました。
 皆様ご来場誠にありがとうございました!

目的

 県民に動物の愛護と適正な飼養に関して普及啓発することを目的に、国が定める動物愛護週間(9月20日から26日)の行事として「動物愛護のつどい」を実施しました。

実施日時

 平成30年9月22日(土曜日) 午後1時から午後3時まで

実施場所

 福島県動物愛護センター(田村郡三春町大字上舞木字向田17)

内容

開会式

 主催者である福島県食品生活衛生課長渡部誠二及び共催者である公益社団法人福島県獣医師会長浦山良雄が開会の挨拶をしました。

課長 獣医師会長 開会式

(左:福島県食品生活衛生課長、中央:公益社団法人福島県獣医師会長)

災害への備えについてのセミナー

 福島県動物愛護センターの職員が、ペットに関する災害への備えについてセミナーを行いました。

 セミナーに参加していた福島県動物愛護ボランティア会会員の愛犬愛猫は、ケージの中でおとなしく過ごしていました。

 万が一に備えて、ペットの防災対策を実施しましょう。

 普段から、ペットをケージに慣らせておくと、万が一の際、スムーズに行動できます。

災害への備え ケージ猫

個体識別措置(マイクロチップ)の紹介

 マイクロチップについて、公益社団法人福島県獣医師会会員の石川獣医師と林獣医師に分かりやすく説明して頂きました。

 万が一のペットの逸走に備えて、ペットに所有者明示を行いましょう。

マイクロチップ マイクロチップ マイクロチップ 

(左:林獣医師、右:石川獣医師)

  マイクロチップとは

犬のしつけ方、猫の飼い方セミナー

 動物愛護センターの職員が、犬のしつけ方、猫の飼い方セミナーを行いました。

 セミナーでは、動物愛護ボランティア会会員とその愛犬による基本的なしつけの実演もありました。

 基本的なお座り、伏せ、待てに加え、適切なクレートの使い方など、素晴らしいデモンストレーションに皆さん釘づけ!
 しつけのポイントは「褒め方」と「動機づけ」。皆さんも愛犬との信頼関係を上手に築きましょう!

 災害時、ペットにしつけがなされていると、ペットが避難所等において落ち着いて過ごすことができます。

 万が一も想定して、ペットのしつけ等も含めて飼い方を見直しましょう。 

しつけ しつけ  しつけ

警察犬の紹介・デモ

 警察犬の訓練士の松山さんに、火薬の臭いを嗅ぎ分ける能力を持つ愛犬の紹介と、火薬の臭いがついた布を入れた箱を見つけだすデモを行っていただきました。

 人を支え、共に暮らす犬の素晴らしい仕事ぶりに、会場から歓声があがっていました。

警察犬 警察犬

犬及び猫の譲渡会

 福島県動物愛護センターで管理している犬及び猫の譲渡会を行いました。

 御紹介した成犬1頭、子猫9匹の内、子猫9匹に新しい飼い主が見つかりました。ありがとうございました。

犬 猫

猫

子犬 子犬

ペットの健康相談、獣医師の仕事体験、ペット免許証作成コーナー、マイクロチップ紹介

 公益社団法人福島県獣医師会のブースでは、ペットの健康相談や獣医師の仕事体験等を行いました。
 中でも、白衣と聴診器で獣医師になりきる体験ブースは大人気!
 皆さん、ワンちゃんの心臓の音は聞こえましたか?

獣医師会 健康診断  仕事体験 免許証   

福島県動物愛護ボランティア会に所属する各団体の活動紹介

  福島県動物愛護ボランティア会では、各団体の活動内容が分かるポスターや写真をパネルに掲示して、来場者にお知らせしました。

ボランティア会 ボランティア会 ボランティア会 ボランティア会

動物ふれあいブース

 普段触ることのできない動物が、大集合!

 ラマ、ヤギ、ウサギ、モルモット、ヒヨコ、大きな犬(セントバーナード)やペンギンとのふれあいを行いました。また、犬、ウサギ、モルモット、ヒヨコの心臓の音を聴診器で聴く機会を設けました。

 皆さん、ペンギンと触れ合ったことがありますか?柔らかい手触りに驚かれる方が多かったです。

 ラマ 犬 ペンギン ヤギ ウサギ ふれあい ペンギン 犬 モルモット ラマ

災害対策啓発ブース

 災害時に必要となる備品等(フード、水、食器、ケージ、ペットシーツ、猫トイレと猫砂、飼い主の連絡先やペットの情報を記録したもの等)を紹介しました。

 災害対策啓発ブース

閉会式

 福島県動物愛護センター所長大越憲幸が閉会の挨拶をしました。

 閉会 

主催・共催・協力

 主催:福島県
 共催:公益社団法人福島県獣医師会
 協力:福島県動物愛護ボランティア会

お問い合わせ先

 福島県庁 保健福祉部 食品生活衛生課
 電話:024-521-7245


動物愛護のトップページへ食品生活衛生課のトップページへ