ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ウェルシュ菌

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新
Clostridium perfringens  ウェルシュ菌の絵

 

菌の特徴

 人や動物の腸管、土壌、水中など自然界に広く分布し、健康な人の便からも検出されます。特に牛、鶏、魚の保菌率が高く、食肉や魚介類の加熱調理食品が原因になりやすいといえます。
 この菌は、熱に強い芽胞を作るため、高温でも死滅せず生き残ります。したがって食品を大釜などで大量に加熱調理すると、他の細菌が死滅してもウェルシュ菌の耐熱性の芽胞は生き残ります。
 また、この菌は嫌気性菌で、空気のないところを好み、空気にふれると発育しません。

原因食品

 カレー、シチュー、スープなど。 食べる日の前日に大量に加熱調理され、大きな器のまま室温に放冷されていた食品に多い。

症状

 潜伏時間は約6~18時間で、ほとんどが12時間以内に発症します。 腹痛、下痢が主で症状は軽い。

予防のポイント

  1. 前日調理は避け、加熱調理したものはなるべく早く食べること。
  2. 加熱調理済みの食品を室温で放置しないこと。
  3. 保存するときは、小分け保存し、すぐに冷却すること。
  4. 保存後の食品は、食べる前に十分加熱すること。

食品安全のページトップへ食品生活衛生課トップへ