ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

よくある質問(環境衛生)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月23日更新

地域支援高齢者支援子育て支援障がい者支援医事・薬事健康づくり歯の健康
生活習慣病感染症薬物乱用防止食品衛生環境衛生ペット・動物その他

環境衛生

Q1 理容所・美容所・クリーニング所の開設について教えてください。

A1 営業開始前に保健所に申請の手続きをし、検査・確認が必要になります。施設基準、資格要件等を満たす必要がありますので図面等持参の上、早期にご相談ください。電話などで予約の上来所されることをおすすめします。

Q2 建築物衛生管理業の登録について教えてください。

A2 建築物清掃業など8つの業種について、県知事の登録を受けることができます。必要な設備、器材、資格等、詳細については、環境衛生チームまでご相談ください。 監督者の資格取得等に関することについては、次のところにお問い合わせください。

 公益財団法人 日本建築衛生管理教育センター 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル7階743区 電話:03-3214-4624

Q3 ネズミが天井裏を徘徊して困っています。

A3 保健所では駆除業務は行っていません。民間の虫・ねずみ等駆除業者に依頼することをおすすめします。

Q4 ダニの駆除方法を教えてください。

A4 数の多少はありますが室内には必ずダニが住んでいます。乾燥・通風等環境の改善に努めれば生息数は減少します。また布団等は干す・乾燥機を使用する、掃除機を多用する、カーペットの使用はさける等の対策も有効です。

Q5 子どもの頭にシラミがいるようですがどうしたらよいか教えてください。

A5 駆除剤(商品名:スミスリンパウダー、スミスリンシャンプー)が有効です。帽子・ブラシ・タオル等の共用は避け、シーツ・枕カバー等は毎日取り替え熱湯処理し洗濯してください。学校等において集団発生していることもあり得ますので、いじめ、差別に結びつかないよう担任の先生ともご相談ください。なお、駆除剤は薬局で求めることができます。

Q6 住まいの環境問題(化学物質過敏症)について教えてください。

A6 住宅の建材や家庭用品などに含まれる揮発性化学物質によって目がチカチカしたり、咳が止まらなくなるなどの症状が出ることがあります。人によって、普通は症状を起こさないような少量の化学物質に対し、過敏症状を引き起こすことがあり、これを化学物質過敏症と呼んでいます。治療方法が確立しているとは言い難い状態ですが、原因物質を調査の上、除去する必要があります。

Q7 レジオネラ症について教えてください。

A7 レジオネラ菌は自然界の淡水や土壌に生息する細菌ですが、人工的環境(循環風呂、空調冷却塔、加湿器等)で大量に増殖し、菌を吸引すると重症の肺炎を起こすときがあります。人から人への感染はしません。防止対策は浴槽水の遊離残留塩素濃度を0.4mg/リットル以上に保つ、給湯器の温度を末端で55℃以上に保つ、器具を常に洗浄消毒する等の方法があります。

Q8 井戸水、沢水等の水質検査について教えてください。

A8 浅井戸や湧水の水質は、季節やいろいろな条件で大きく変化します。日頃から色、濁り、におい、味に気を付けましょう。 一年に1回、定期的に水質検査を受けて、水の安全性を点検しましょう。 井戸水、沢水などには特別な水質基準はありませんが、水道水には法律で51項目の水質基準が設けられており、この基準に適合した水であれば、安心して飲用することができます。水質検査は、保健所では行っていませんので、民間の水質検査機関に依頼してください(検査料金は検査項目によって異なります)。 なお、詳細については、各窓口へお問い合わせください。

施設の所在地

担当窓口

電話番号

福島市

福島市役所 環境部環境課

024-525-1404

二本松市

二本松市役所 市民部環境課

0243-55-5103

伊達市

伊達市役所 市民生活部環境防災課

024-575-1228

本宮市

本宮市役所 市民部生活環境課

0243-33-1111

桑折町、国見町、川俣町、大玉村

県北保健所 環境衛生チーム

024-534-4304

Q9 水道から赤い水が出ることがあります。どうしたらよいですか。

A9 朝一番の使用で赤水が発生し短時間でおさまる場合は各家庭等の水道管内に発生した鉄サビによるものと考えられます。給水管の取り替え等が必要です。

Q10 墓地を新設(拡張)したい場合は、どうしたらよいですか。

A10 平成24年4月1日から、各市に墓地等の手続きに関する事務が委譲されましたので、市に設置する場合については各市の相談窓口にご相談ください。町村に設置する墓地の相談は、従前どおり保健所が窓口となります。工事前の許可申請が必要なので、図面等を持参して環境衛生チームに相談してください。

Q11 ハチの巣の駆除をお願いしたいのですが。

A11 保健所では処理を行っていません。素人による駆除は危険ですので民間の昆虫駆除業者に依頼することをおすすめします(有料)。

Q12 廃棄物、公害、浄化槽について(問い合わせ先を紹介)

A12 廃棄物・公害については県北地方振興局県民環境部環境課(電話:024-521-0536)又は市町村、浄化槽は主として市町村で取り扱っています。