ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 生活衛生 > 生活衛生 > 温泉を利用する施設に関する許認可のこと

温泉を利用する施設に関する許認可のこと

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

温泉利用施設の掲示項目が変わりました

平成17年5月24日からは、これまでの掲示内容である温泉の成分、禁忌症及び入浴上の注意事項に、新たに4項目が追加になります。

1 温泉に水を加えて浴用に供する場合は、その旨とその理由

2 温泉を加温して浴用に供する場合は、その旨とその理由

3 温泉を循環させて浴用に供する場合は、その旨とその理由  ろ過を実施している場合は、その旨とその理由を含む

4 温泉に入浴剤を加え、または消毒して浴用に供する場合は、入浴剤の名称  または消毒の方法とその理由(ゆず、しょうぶ等何が添加されているか容易にわかるものは含まない。)

 

なお、加水、加温、循環等或いは入浴剤の添加等該当する行為をしない場合には、加水等をしないことを掲示する必要はありません。

また、掲示しなければならない項目を掲示していない場合、または虚偽の掲示をおこなった場合には、温泉法に基づく罰則規定が適用されます。

 

※詳しい内容については、生活衛生部衛生推進課環境衛生チームにお問い合わせいただくか県保健福祉部薬務課ホームページを参照願います。