ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 相双保健福祉事務所(相双保健所) > DV(ドメスティック・バイオレンス)相談

DV(ドメスティック・バイオレンス)相談

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月1日更新

更新日:平成25年12月6日

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは?

 DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、夫や恋人など親しいパートナーからの「暴力」のことです。「暴力」には、殴る、蹴るなど身体的な暴力の他、次のような様々なものが含まれます。

  • 「身体的暴力」  殴る、蹴る、首を絞める、髪の毛を引っ張る、物を投げつける・・・
  • 「精神的暴力」  脅迫的な発言をする、人前で侮辱する、無視をする・・・
  • 「性的暴力」  セックスなど性的行為を強要する、避妊に協力しない・・・
  • 「経済的暴力」  生活費を渡さない、仕事に就かせない・・・
  • 「社会的暴力」  常に監視している、外出させない・・・

 これらの「暴力」は、1つだけでなくいくつもが重複して行われていることがよくあります。「2人の問題だから…」「自分が我慢すれば…」と抱え込まず、ご相談下さい。専門の相談員が相談をお受けします。

相談の内容

 あなたから相談がありましたら、相談員は次のような支援をいたします。

  • 情報の提供 (保護命令に関する情報、自立に関する情報、一時保護に関する情報など)
  • 関係機関の紹介
  • 心理的なケア など

保護命令とは? 

 保護命令とは、あなたがDVにより危険な状況にさらされているとき、裁判所が一定期間、加害者(夫または元夫)をあなたから遠ざけるための命令を出すことです。次の2種類があります。

  • 接近禁止命令 …夫が妻および子の身辺につきまとったり、妻および子の住居、勤務先、学校などの付近を徘徊することを禁止する命令で期間は6ヶ月間です。
  • 退去命令 …夫に家から出ていけという命令で期間は2か月間です。 

〈相談窓口〉  福島県相双保健福祉事務所(配偶者暴力相談支援センター)      電話番号 0244-26-1134      受付時間 8時30分~17時00分(平日)

※ 「女性福祉相談件数」等についての実績は、女性福祉相談件数 [PDFファイル/73KB]をご覧ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)