ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

催事等で食品を取扱うには

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

臨時営業とは

 一時的に人を集めるために行なわれる催し、または季節的に人の集まる場所において不特定多数の者を対象に、6ヶ月未満の期間に限り食品を製造・調理・加工若しくは販売する営業。

催事(臨時出店者)

 地方公共団体やPTA等が主催する公共的、教育的目的を有する行事に、主催者が自ら出店する場合や、年に1~2回程度の商店街祭、まちおこし行事等の地域振興や地域活性のため、主催者が自ら出店する場合。

食品の取扱い

 臨時営業や催事において、客に提供する食品は、小分け、盛付け等簡易な方法により調理加工されたもので、提供する直前に加熱調理したものであること

手続きについて

 臨時営業を行うには臨時営業許可申請の手続きが必要となり、催事(臨時出店者)を行うには催事届の提出が必要となりますので、営業地または催事開催地を所管する保健所まで事前にお問い合わせください。