ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 商工総務課 > 中小企業の受注機会の増大に向けた制度(官公需適格組合等)

中小企業の受注機会の増大に向けた制度(官公需適格組合等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年9月29日更新

国の基本方針

 国では、「官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律(官公需法)第4条」に基づき、毎年度、中小企業者の受注機会の増大を図るための方針である「中小企業者に関する国等の契約の基本方針」を定めています。

 中小企業者に関する国等の契約の基本方針(中小企業庁サイトへリンク)

 

官公需適格組合

 官公需適格組合制度とは、官公需の受注に対して意欲的であり、かつ受注した案件は十分に責任を持って納入できる経営基盤が整備されている組合であることを、国(中小企業庁)が証明する制度です。

 官公需適格組合の詳しい内容については、福島県中小企業団体中央会(電話:024-536-1264)までお問い合わせください。

 官公需適格組合について(福島県中小企業団体中央会サイトへリンク)

 

関連情報

 官公需施策(中小企業庁サイトへリンク)

 

 

 

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。