ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 商工総務課 > 誘客コンテンツ開発事業

誘客コンテンツ開発事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月22日更新

 誘客コンテンツ開発事業補助金 公募開始について

 県では、デジタル時代を踏まえた避難地域12市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村及び飯舘村)の地域資源を活用したツアーやイベント等の往訪コンテンツ開発からデジタルプロモーションを中心とした情報発信までを一体的且つ継続的に支援するとともに、12市町村にいわき市、相馬市、新地町(以下「3市町」という。)を加えた浜通り地域等15市町村(以下「15市町村」という。)における往訪コンテンツの広域連携を進めることで、地域に根ざした往訪コンテンツの自立を促し、誘客促進に繋げ、浜通り地域等の活性化に繋げます。

【募集要領・様式等】

 募集要領 [PDFファイル/546KB]

 【様式1】事前相談票 [Wordファイル/29KB]

 【様式2】申請事業者提案書 [Wordファイル/29KB]

 公募関係Q&A [PDFファイル/519KB]

1 募集期間

令和3年10月22日(金)~12月17日(金)午後5時必着

※ 本事業に応募する場合に、商工総務課への事前相談が必要となります。
  事前相談については、募集期間に関わらず、通年で受付を行っています。

 

2 補助金概要

【支援対象イメージ】

・既存の施設や大会を活かした広域的なスポーツイベント(マラソン・サッカー・ベースボール等)の企画

・地域内の様々な場所にある酒蔵やワイナリー等が連携し、各拠点を巡りながらお酒を楽しむことをコンセプトとしたツアーを企画 など

 事業概要 [PDFファイル/743KB]

対象事業

12市町村のいずれか又は複数への来訪者の呼び込みに繋がる、

(1)新たな地域体験プログラム、イベント、ツアー等の企画・運営

(2)既存の誘客コンテンツや(1)で造成した誘客コンテンツのデジタルプロモーション等による情報発信

(3)ゲストハウスや交流拠点等の施設・設備等の改修

実施場所

12市町村又は3市町とする。

※ 3市町を実施場所に含む場合は、12市町村のいずれか又は複数の来訪者増に繋がることを必須とし、専ら3市町への来訪者増に繋がる場合は補助対象外とする。

補助対象者

民間事業者、一般社団法人、特定非営利活動法人、その他法人格を有する団体

※ 15市町村内に本店又は本社がない者は、15市町村内に本店又は本社のある民間事業者等との連携(共同申請、委託契約等)を必須とする。

補助期間

交付決定日から最長1年間

※ 年度を跨ぐ計画の場合、令和4年度当初に、令和4年度の実施期間分の補助金交付申請が必要
※ 事業継続の申請を行い、再度採択を受ければ、3年間継続して補助金交付を受けることが可能

補助上限

1件あたり最大 1,500万円/年

補助率

・12市町村を主たる実施場所とする中小企業、一般社団法人等
 補助率:1年目3/4以内、2年目2/3以内、3年目1/2以内

・12市町村を主たる実施場所とする大企業及び3市町を主たる実施場所とする大企業、中小企業、一般社団法人等
 補助率:1年目・2年目1/2以内、3年目1/3以内

 

3 応募書類の提出方法・提出先

・郵送の場合(住所)

〒960-8670 福島県杉妻町2番16号

福島県 商工労働部 商工総務課(浜通り地域等交流人口・消費拡大支援担当)

 

・電子メールの場合(電子メールアドレス)

syokosomu@pref.fukushima.lg.jp

 

4 応募に関する問合せ先

福島県 商工労働部 商工総務課(浜通り地域等交流人口・消費拡大支援担当)

電話:024-521-7270

電子メール:syokosomu@pref.fukushima.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。