ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 雇用労政課 > 福島県U I Jターンプロフェッショナル人材助成金事業について

福島県U I Jターンプロフェッショナル人材助成金事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月16日更新
福島県U I Jターンプロフェッショナル人材助成金事業の申請受付を開始しております。詳しくは、補助金交付要綱及びQ&Aをお読み下さい。

事業概要

福島県では、県内の中小企業等が首都圏等からのU I Jターンによるプロフェッショナル人材を受け入れ新たに雇用する、またはお試し就業を実施した場合に要した経費の一部を負担いたします。

※プロフェッショナル人材とは
 ○ 経営者や経営者を支える右腕として企業マネジメントに携わる人材
 ○ 新規事業や海外現地事業の立ち上げなど、新たな販路を開拓できる人材
 ○ 企業価値の向上に向け、課題(財務再構築、経営再建等)を解決し、事業再生を推進できる人材
 ○ 開発や生産等の現場で、改善による生産性向上や新製品開発等を行う人材
 ○ その他、受入先で求められるスキルについて、概ね10年以上の職業経験を有していることを目安とし、その実情に応じてプロフェッショナルとみなすことのできる人材 など

※お試し就業とは
 中小企業等と県外に居住するプロフェッショナル人材の双方が、福島県内への移住を伴う正式な雇用の可否を判断するために、有期の雇用契約または出向契約に基づき、中小企業等において就業すること。

補助対象者

福島県内に本社または本店を置く中小企業等であって、次に掲げる条件をすべて満たす者とする。

1 県内の就業地において、お試し就業を行うことまたは県外に居住するプロフェッショナル人材を県内への移住を伴う正規または期間の定めのない雇用により新規で雇い入れること。
2 交付申請の前日から起算して6か月前の日から補助事業の完了または終了の日までの期間、事業主都合による解雇(勧奨退職等を含む。)または雇い止めによる労働者の離職がないこと。
3 この要綱に基づき交付申請するプロフェッショナル人材の人件費等について、国や他の自治体等から助成金等を受給していないこと。
4 福島県税に未納がないこと。
5 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第1項第2号)に規定されるもの)、または暴力団の構成員、暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者が経営、運営に関係している事業を行う事業主でないこと。

補助対象経費及び補助額

補助対象経費

補 助 額

 プロフェッショナル人材に係る給与及び社会保険料の事業主負担

 ※対象とする期間は、新規雇用、お試し就業ともに最長6か月とする。

 各経費の合計額の2分の1に相当する額以内の額。

 ただし、プロフェッショナル人材1人につき250万円を上限とする。

 ※千円未満切り捨て

 プロフェッショナル人材に支給した転居等費用(旅費、転居費用及び宿泊費)

 民間人材紹介事業者に支払った紹介手数料

交付申請

福島県U I Jターンプロフェッショナル人材助成金事業補助金交付要綱に定める下記の書類を、新規雇用またはお試し就業の開始の日から起算して1か月以内に提出してください。

1 交付申請書(別記様式第1号)
2 補助事業計画書(別記様式第2号)
3 プロフェッショナル人材に係る雇用契約書または出向契約書等の写し
4 プロフェッショナル人材の履歴書及び職務経歴書の写し
5 プロフェッショナル人材の住民票(附票を含む)
6 登記事項証明書(法人格を有している場合)または、税務署への開業届の写し(個人事業主の場合)
7 定款や団体の規約等の写し
8 県税事務所が発行する福島県税の納税証明書(税目「すべての県税」について、補助金を申請する日までに納期限が到来した県税に係る徴収金に未納がないこと。)
9 申立書(別記様式第3号)
10 その他知事が必要と認める書類

助成金事業の詳細と申請書等の様式

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。