ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農林技術課 > 設計基準について

設計基準について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月7日更新

請負工事のページへ委託業務のページへ電子納品のページへ設計と積算のページへ原単価表のページへ | 工事検査関係要綱・要領のページ(出納局工事検査課のページへ)

法面保護工の技術指針について

 工事によって出来る斜面(法面)は地面がむき出しのため、そのままでは雨や雪の影響で土砂が流れ出してしまいます。植物を生やし土砂の流出を抑えるため、肥料や土砂に草木の種を混ぜた物を法面に吹き付ける工事(植生基材吹付工)が行われます。

 福島県農林水産部が行う植生基材吹付工事については、「法面保護工(植生基材吹付工)技術指針 [PDFファイル/790KB]」を適用しています。ただし、林道工事、治山工事については、この指針の対象外となっています。

福島県農林規格「排水フリューム」について

 比較的小規模な穴あきのU字溝(排水フリューム)の品質や寸法について、県独自に「福島県農林規格 [PDFファイル/1.35MB]」を設けています。(幅×高さ 300×300~1000×1000)

 また、一般社団法人 農業土木事業協会(協会のページへ)では「鉄筋コンクリート水路用L型」「鉄筋コンクリート大型フリューム」「鉄筋コンクリート排水フリューム」(県規格に比べ大きな寸法のもの)の規格を制定しています。

橋梁、ボックスカルバート、擁壁の設計について

 橋梁、ボックスカルバート、擁壁の設計にあたっては建設省(現 国土交通省)が策定した「土木構造物設計ガイドライン」「土木構造物設計マニュアル」によることとしています。

 土木構造物の設計ガイドライン及び設計マニュアルの適用について [PDFファイル/10KB]

 同図書の発行元 一般社団法人 全日本建設技術協会の関連ページへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)