ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業振興課 > 【残り2日です】福島県オリジナル酒米の品種名称募集

【残り2日です】福島県オリジナル酒米の品種名称募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月19日更新

福島県オリジナル酒米(さかまい)「福島酒50号」の名称募集について(7月21日まで)

全国新酒鑑評会における金賞受賞数7年連続日本一。
全国から注目される「ふくしまの酒」の未来を担う新しい酒米が、デビューします!
 
“地元の原料を使って、最高のお酒を造りたい”
この思いの実現に向け、県内の蔵元、水稲農家、精米業者、研究者らが試行錯誤を続けてきました。
 
1万株以上の中から選ばれた一品。
系統名「福島酒50号」。
新しい名称を募集しています。
※酒米とは、食用米と異なり、酒造りに特化したお米です。おいしい日本酒を造る上で、最も重要な原料のひとつになります。

「福島酒50号」の主な特徴

○お米の中心に大きな心白(しんぱく)が入りやすい

 ※心白は白く「輝いて」見える部分。お酒造りで活躍する麹(こうじ)菌は、この部分で活発に働きます。

○お酒は雑味のない、きれいな味わいで香り高い玄米の心白の説明写真

※品種のことを詳しく知りたい方は、次の資料「新品種候補『福島酒50号』ってどんな酒米?」を御覧ください。

募集期間

令和元年6月21日(金曜日)から令和元年7月21日(日曜日)まで
募集ポスターの画像

応募方法

○専用の応募フォームから氏名、住所、電話番号、名称、名称の読み方、名称に込めた思いを入力してください。

※個人情報は厳正に管理し、入賞通知・賞品発送の目的のみに利用させていただきます。
○以下の応募フォームから必要事項を記入してください。
応募フォームへのリンク 

名称の選定

○県は、応募作品の中から最も優れた名称1点(最優秀賞)を選び、「福島酒50号」の品種名称として採用します。なお、出願に当たって、応募いただいた名称の一部を修正する場合があります。
○最優秀賞となった名称に関する権利は県に帰属します。

表彰及び賞品

受賞者賞品
最優秀賞採用された作品の応募者1名

県内蔵元が先行して仕込んだ新品種の新酒

(720ミリリットル瓶を21本セット)

優秀賞採用されなかったものの、優れた作品の応募者3名

県内蔵元が先行して仕込んだ新品種の新酒

(720ミリリットル瓶を7本セット)

参加賞応募者から抽選で50名

県オリジナル品種「里山のつぶ」新米

(2キログラム)

※注意事項
・受賞対象者が複数の場合は、抽選となります。
・一人で重複して受賞することはできません。
・事前に了解を得た上で、受賞された方のお名前を公表させていただきます。

結果の発表

令和元年12月の予定です。

※注意事項
・最優秀賞、優秀賞の賞品の贈呈は、令和2年4月頃を予定しています。

応募上の注意事項

○20歳未満の方は応募できません。

○郵便、電話、メールでの応募は受け付けておりません。

○名称は「ひらがな」、「カタカナ」、「漢字」、「数字」、「ローマ字」いずれも使用可能(組み合わせも可能)です。
 ただし、数字のみの名称は認められません。

○すでに使用されている品種名や商標と誤認・混同、本品種の特性や価値等について誤解が生じるおそれのある名称は使用できません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。