ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業振興課 > ふくしまからはじめよう。攻めの農業技術革新事業について

ふくしまからはじめよう。攻めの農業技術革新事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月25日更新

産地の技術革新を推進!「ふくしまからはじめよう。攻めの農業技術革新事業」の取組について

「ふくしまからはじめよう。攻めの農業技術革新事業」とは?

 県では、東日本大震災により大きな影響を受けた農業の復興のため、風評等に屈しない強い経営体の育成を図っています。
 平成26年度より「ふくしまからはじめよう。攻めの農業技術革新事業」により、生産安定や規模拡大の実現に不可欠な「革新技術」の導入を強力に推進するため、実用性の高い先進技術等を民間団体、関係機関等との連携のもと、フィールドベースで実証を展開し、先進技術の可視化とスピード感のある普及に取り組んでいます。
事業イメージ図

主な取組状況は?

 県内14の農林事務所農業振興普及部及び農業普及所が地域をリードし、平成26年度からの3年間で35の実証に取り組み、革新技術の普及を図っています。
県内で野菜分野、花き分野、果樹分野、畜産分野、水稲分野の計35箇所設置
県内の主な取組として、環境制御技術等による収益向上や畜産の分娩監視装置等の省力化技術が取り組まれている

これまでの取組・成果の紹介

各地域で取り組まれている内容、成果等を紹介します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。