ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業担い手課 > 第59回福島県農業賞の受賞者が決定しました。

第59回福島県農業賞の受賞者が決定しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月10日更新

第59回福島県農業賞の受賞者が決定しました。

平成30年9月7日(金曜日)杉妻会館(福島市)において、第59回福島県農業賞表彰式を開催しました。
 今回の福島県農業賞(農業十傑)は、農業経営改善部門9件、集団活動部門の農村女性活動の部1件、
復興・創生特別賞1件を表彰しました。

農業賞写真
(受賞された方々と来賓、知事・福島民報社長ら主催団体代表のみなさま)


【農業経営改善部門】 

 ◆受賞者名     (敬称略)

 ◆経営の特徴

 有限会社 あづま果樹園(福島市)

 大規模観光果樹園の経営(モモ、リンゴ、オウトウ、ブドウ、ナシ)

 蓬田 正信、由美子(桑折町)

 多品種導入と作業効率化によるモモの高品質・長期安定出荷の実現(モモ、水稲)

 小山 忠義、忍(郡山市)

 雪下野菜と6次化による高冷地での周年出荷の実現(ダイコン、キャベツ、ニンジン,、水稲)

 渡邊 広、竜子(田村市)

 新技術開発と地域雇用創出による高収益菌床シイタケ経営の実現(菌床シイタケ)
 内山 正勝、ナツ子(天栄村) 高品質・良食味米の生産により国際コンクールで高い評価(水稲)

 粂井 勇一、浩子(白河市)

 高度な肥育技術とオリジナルブランドによる高収益の実現(肉用牛)

 菊地 清一、裕美子(磐梯町)

 高品質ホウレンソウの安定生産と地域ブランドの確立(ホウレンソウ)

 株式会社 五十嵐ファーム(喜多方市) I C T 等の先進技術導入による安定的な肉用牛経営の実現(肉用牛)
 有限会社 会津みずほ農場(会津坂下町)

 多品種導入と地域労力活用による大規模稲作経営の実現(水稲、農産物加工)

【集団活動部門 農村女性活動の部】

 ◆集団名     (敬称略)

 ◆活動の特徴

 ただみ農家の嫁倶楽部(只見町)

 加工品開発や只見の食文化の継承、只見農家の嫁の力を結集し地域活性化

【復興・創生特別賞】

 ◆受賞者名    (敬称略)

 ◆復興・創生への取組

 ミネロファーム(福島市)
(NPO法人福島農業復興ネットワーク)

 酪農の復興・再生に全力を尽くし、先端技術で新たな経営モデルを目指す(酪農)

◆農林水産大臣賞 :株式会社 五十嵐ファーム