ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 福島県の新しいお米「福、笑い」

福島県の新しいお米「福、笑い」

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月13日更新

 福島県の新しいお米「福、笑い」

「福、笑い」のプロフィール

福、笑い 「福、笑い」は品質及び食味が優れる品種を目指し、福島県が14年の歳月をかけて開発し、令和3年産米から一般栽培を開始しました。

 本県のトップブランド米として位置づけ、生産者及び生産量を限定して推進し、高価格帯での販売を目指しています。

  また、「福、笑い」という名称は、「福、笑い」を手にした方に、笑顔が訪れるようなお米になってほしいとの思いを込め、命名されました。                                      

 

 

 

 

1 育成経過

 
平成18年

品質及び食味が優れる品種の開発を目指し、

母「新潟88号」×父「郡系627」を交配

平成23年 郡系982の系統番号を付与
平成26年 福島40号の地方番号を付与
平成26~29年 奨励品種決定調査
令和元年 県の奨励品種に採用
令和2年

ブランド名を「福、笑い」と決定

品種名「福、笑い」として品種登録出願

 

2 「福、笑い」の特徴

 〇大粒で強い甘みと香りを持ち、やわらかめに炊き上がる特徴を持つ品種です。
   食味は「コシヒカリ」並との評価を得ています。

 〇草丈が短く、倒れにくく、いもち病にかかりにくいなど栽培しやすい品種です。
   収量は「コシヒカリ」並~やや優ります。 

 

3 普及対象地域

  県内の平坦地域(300m以下)

 

4 育成機関

  福島県農業総合センター(福島県郡山市)

成熟期の様子     食味試験結果

 

「福、笑い」専用HP

 県では、「福、笑い」専用HPを作成し、「福、笑い」の生産、販売促進状況などについて、タイムリーにご紹介しております。
 こちらのページをご覧ください。

 

「福、笑い」通信

 「福、笑い」通信では、「福、笑い」研究会の活動や「福、笑い」に関する県の取り組みを定期的に発信していきます。

 「福、笑い」通信第1号 [PDFファイル/894KB]

 「福、笑い」通信第2号 [PDFファイル/513KB]

 

生産者の皆様へ

 「福、笑い」は令和3年産米から一般栽培を開始しておりますが、品種特性を十分に発揮した高品質・良食味の米を確実に確保するため、「福島県オリジナル米生産販売推進本部」が認定・登録した『研究会』が精算することとしております。
 『研究家』の認定・登録について定めた「『福、笑い』生産に係る登録制実施要綱」については、こちらのページをご覧ください。
 「福、笑い」の作付を希望される方は、JAや集荷業者、最寄りの県農林事務所・農業普及所へお問い合わせください。

 

〔生産者向けパンフレット〕

生産者向けパンフレット

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。