ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 福島県の新しいお米「里山のつぶ」

福島県の新しいお米「里山のつぶ」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月14日更新

「里山のつぶ」のプロフィール

 福島県の新しいお米の品種、「里山のつぶ」は、中山間地域向け品種として、福島県が11年の歳月をかけて開発しました。

 「里山のつぶ」は、県内の冷涼な里山で広く栽培される品種になって欲しいと願い命名されました。

                     「里山のつぶ」のプロフィール

1 育成経過

平成15年

平成18年

平成20年

平成21~26年

平成26年

県内中山間向け品種の開発を目的に、母「新潟71号、ゆきん子舞」×父「福島14号」を交配しました。

「郡系762」の系統番号を付けました。

「福島30号」の地方番号を付けました。

水稲奨励品種決定基本調査で試験栽培を行いました。

水稲有望系統現地適応性試験を行い、育成を完了しました。

2 「里山のつぶ」の特徴
○ 栽培適地は標高300m以上の中山間地域です。
○ 出穂期・成熟期は「あきたこまち」に比べ2日ほど遅くなります。
○ 倒伏しにくく、いもち病や低温に強いので栽培しやすい品種です。
○ 米粒は大きく、収量は「あきたこまち」に優ります。
○ 食べたときにしっかりした歯ごたえと、適度な粘りが感じられる、「あきたこまち」並の良食味品種です。

3 普及対象地域
  県内全域の中山間地域(標高300m以上)

4 育成機関
  福島県農業総合センター(福島県郡山市)

里山のつぶ 稲穂  

生産者の皆様へ

 「里山のつぶ」は平成29年より一般栽培が始まりますが、高品質で美味しい「里山のつぶ」を生産するために、作付を希望される生産者には、
以下の事項を必ず守っていただくこととしております。

【「里山のつぶ」生産者遵守事項】

1 生産ほ場は標高300m以上であり、栽培適地のほ場であること。(詳しくはお問い合わせください)
2 作付面積は、生産者毎に原則30a以上とする。
3 主食用米として出荷し、飼料用米や備蓄米、加工用米として出荷しないこと。
4 「里山のつぶ」の種子は再譲渡、自家採種を行わないこと。
5 平成28年度中に県が主催する栽培技術研修会に参加するとともに、県が示す「里山のつぶ」栽培基準を遵守して栽培すること。
6 生産された米は、全量出荷契約を結んだ集荷業者に出荷すること。
7 県が行う調査等に協力すること。

○「里山のつぶ」については、JAや集荷業者、最寄りの県農林事務所・農業普及所へお問い合わせ下さい。

生産者向けパンフレット

里山のつぶパンフレット

←左の画像をクリックすると、パンフレットをご覧いただけます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)