ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 全量全袋検査の追加検査

全量全袋検査の追加検査

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日更新

全量全袋検査の追加検査について

県産米の安全性をより一層詳細に確認するため、29年産米から追加検査を実施しています。

スクリーニング検査の結果、測定下限値(25㏃/kg)以上スクリーニングレベル以下の米を対象に、ゲルマニウム半導体検出器による分析を実施しています。

検査の結果、測定下限値(25㏃/kg)以上の場合、その栽培管理状況等を確認し、今後の技術対策に役立てます。