ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産課 > KHV病について

KHV病について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

コイヘルペスウイルス(KHV)病について

1 コイヘルペスウイルス病とは?

(1)原因     KHV(Koi herpesvirus)と呼ばれるウイルスによりマゴイ及びニシキゴイに感染する。
(2)症状     行動緩慢、摂餌不良となり死亡率が高く、目立った外部症状が少ないが、エラぐされを併発する場合が多い。
(3)その他 本病は、持続的養殖生産確保法における特定疾病に指定されており、発生した場合は、移動制限や焼却などのまん延防止措置が取られる。

※本病は、コイ以外の魚や人への感染はありません。 

   なお、大量にコイが死ぬなどの異常を発見した場合には、福島県内水面水産試験場へご連絡ください。

<連絡先>福島県内水面水産試験場 生産技術部 
〒969-3283  耶麻郡猪苗代町長田字東中丸3447-1 
Tel 0242-65-2011(夜間、休日可) 090-8929-5304(宿直用携帯)

2 ニシキゴイ愛好家の皆さんへ

 現在、KHV(コイヘルペスウイルス)に感染しているコイが県内の養殖池や公園の池、個人宅の飼育池等で相次いで確認されております。  展示即売会やインターネット等を利用してニシキゴイを購入される方もいますが、購入したニシキゴイの中に、KHV感染が疑われるケースも見られています。  コイを購入された方はこのリンクより「ニシキゴイを飼育している皆さんへ」を参照のうえ、飼育くださるようお願いします。

  最近河川や池で釣ったマゴイを池に入れたり、ニシキゴイを購入された愛好家の方は、飼育しているマゴイ・ニシキゴイに異常が見られた場合には、KHVのまん延を防止するため、内水面水産試験場までご連絡願います。なお、飼育中に異常がみられた池などのマゴイ・ニシキゴイはKHVの感染が疑われますので、川や他の池等に移動しないでください。

3 コイの移動禁止について

 福島県内水面漁場管理委員会により、阿武隈川(本流及び支流)からのコイの持ち出しが禁止(食用にする場合を含む)されるとともに、県内の河川・湖沼において、一定の条件を満たしたコイ以外を放流することやコイを捨てることが禁止されます。 福島県内水面漁場管理委員会指示の全文はこちら [PDFファイル/143KB]です。

この病気の広がりを防ぐために御協力くださるようお願いします。


<連絡先>水産課〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 電話:024-521-7374 Fax:024-521-7940 suisan@pref.fukushima.lg.jp


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)