ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 防災・安全 > 防災・安全 > 総合的な安全管理 > 農業用施設管理システムについて

農業用施設管理システムについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月23日更新

農業水利施設の施設管理システムについて

 

1 背景

 本県には、ダム・ため池、頭首工、用排水機場や約1,000キロメートルに及ぶ受益面積100ヘクタール以上の基幹的な用排水路などの農業水利施設が約7,300施設あり、安定的な食料供給に欠かせない重要な社会資本となっています。
 これらの施設には施設造成から相当な年数を経た施設も多く、これから順次更新時期を迎えるため、施設の長寿命化などにより施設の有効利用を図ることが不可欠となっています。

2 施設の長寿命化は全国的な流れ

 国においても、「食料・農業・農村基本計画」において土地改良施設の適正な保全管理が施策の大きな柱に位置付けされ、多面的機能支払交付金により地域資源の保全管理を推進したり、農林水産省「土地改良制度研究会」により土地改良施設の長寿命化に向けた保全管理の施策提言がなされるなどストックされた施設の有効活用に向けた取り組みがなされています。

施設の点検1施設の点検2
膨大な農業水利施設が更新時期を迎え、有効利用が課題

3 適切かつ計画的な保全計画策定の仕組みづくり

(目的)
 これらの課題に対応していくためには、個々の施設の実態を把握し、点検・診断を踏まえた施設の更新計画の策定するなど、適切な保全管理を行うことが必要です。
 このようなことから、施設の長寿命化とライフサイクルコストの低減の観点に立った、新たな施設管理システムを構築することとなりました。

4 施設管理者が自ら実施

(具体的な内容)
 県庁に施設管理検討会(以下「検討会」という。)、及び出先農林事務所に施設管理実施検討会を設置して、以下のような活動に取り組みます。(1)、(3)、(4)は施設管理者が主体となって実施します。

  (1) 施設管理台帳を整備します。
 (2) 点検・診断のための研修会を実施します。
 (3) 施設の点検・診断(一斉点検など)を実施します。
 (4) 整備補修・更新計画を策定します。
 (5) 計画的な整備を図ります。
地域総出による維持管理
地域住民の維持管理への自発的参加が望まれます

5 みんなの水路!みんなで点検!

(「施設管理強化月間」(4月)の制定)
 毎年4月を農業水利施設の「施設管理強化月間」と定め、一斉点検を実施します。
 また、施設管理強化月間に合わせ、21世紀土地改良区創造運動に協働して取り組みます。
全県的な活動としての機運を高めるとともに、地域の住民の方々にも施設の役割に対する理解を深めていただき、維持管理に携わる機会を創出します。

6 毎年、継続して実施します

 今後も関係者一丸となって、この活動に取り組んでいきたいと考えておりますので、御支援、御協力をお願いします。

 

<関連リンク>

 ・ 農業水利施設の保全管理について
 ・ 農業水利施設の施設管理システムの構築について
 ・ 施設管理台帳の概要について
 ・ 施設点検・診断の概要について

 

お問い合わせは、福島県農業水利施設管理協議会まで
  事務局:福島県農林水産部 農地管理課内 電話024-521-7419

 

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。