ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 森林整備課 > 間伐等の実施の促進に関する基本方針についてお知らせします。

間伐等の実施の促進に関する基本方針についてお知らせします。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月20日更新

特定間伐等基本方針

 京都議定書の第一約束期間における森林吸収目標の達成に向け、森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法(間伐等特措法)が制定され(平成20年5月16日公布・施行)、本県においても同法に即し、平成20年度から間伐等の実施の促進に取り組んできました。
 森林は、国土の保全、水源のかん養、二酸化炭素の吸収による地球温暖化の防止等の多面的な機能を有しており、これらの機能の持続的な発揮を確保するうえで、適正な森林整備を推進することは極めて重要です。
 そのため、 引き続き、平成32年度までの間伐等の実施を促進するため、間伐等特措法が一部改正され(平成25年5月31日公布・施行)、新たに農林水産大臣が「特定間伐等(※1)及び特定母樹(※2)の実施の促進に関する基本指針(基本指針)」を策定しました。
 福島県では基本指針に即して「特定間伐等の実施の促進に関する基本方針(基本方針)」を平成25年9月24日に策定しましたので、これを公表します。
 この基本方針は、市町村が策定する「特定間伐等の実施の促進に関する計画(特定間伐等促進計画)」の基本的な方針となるものです。
 なお、法律などの詳細については林野庁のホームページをご覧ください。

※1 特定間伐等とは、森林の間伐または造林で平成32年度までの間に行われるもの)
※2 特定母樹とは、特に優良な種苗を生産するための種穂の採取に適する樹木であって、成長に係る特性の特に優れたものとして農林水産大臣が指定するもの

【特定間伐等の実施の促進に関する基本方針】 [PDF版]

林野庁 森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法

 

 



Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)