ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

森林病害虫防除

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月31日更新
 森林病害虫防除

松くい虫被害対策、カシノナガキクイムシ被害対策について

カシノナガキクイムシの被害状況(赤茶色に見えるのが被害木)

福島市茂庭周辺の状況(赤茶色に見えるのが被害木)

カシノナガキクイムシの被害は「ナラ枯れ」と呼ばれ、ミズナラ・カシワ・コナラ・クリ等の樹木にカシノナガキクイムシが穿入し、樹幹内部でナラ菌を培養・繁殖することで樹木を枯死させる現象です。被害木は夏、葉が赤茶色に変色して枯死し、根元には大量の木くずがたい積します。県北地方では、平成21年に福島市・本宮市で確認されました。

カシノナガキクイムシの被害状況


<連絡先>県北農林事務所 森林林業部〒960-8681 福島県福島市杉妻町2-16(北庁舎5階)電話:024-521-2632 Fax:024-521-2851 sinrin.af01@pref.fukushima.jp