ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県北農林事務所 > 令和元年度東日本台風(台風第19号)災害の復旧

令和元年度東日本台風(台風第19号)災害の復旧

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月21日更新

  

681haへ農業用水を供給する揚水機場の災害復旧(本宮市白沢地域)

 令和元年10月の令和元年東日本台風(台風19号)による阿武隈川の増水により、ポンプ設備(電動機含む)が浸水被害を受け、機能を停止していた白沢揚水機場(本宮市)の仮復旧が終了し、農業用水の供給が始まりました。

 白沢揚水機場は、阿武隈川よりポンプで水をくみ上げ、本宮市白沢地区及び二本松市の一部地域の681ヘクタールの水田にパイプラインで農業用水を供給する農業用施設です。白沢地域では、県営かんがい事業により、昭和49年から平成13年にかけて揚水機場やパイプラインを整備し、平成25年からは県営ストックマネジメント事業により、老朽化した揚水機設備の更新を実施しました。

 台風19号の被害は甚大であり、11月には、内堀知事が被害の視察に訪れました。

 迅速な復旧対応の後、3基ある揚水ポンプ(口径350mm)のうち1基を仮復旧することで、この春からの作付けに間に合わせることができました。

 地域の農家の皆さんが安心して農業用水を使えるよう、令和2年度中に3基すべての復旧を進めているところです。

  ・ 事  業  名  :  施設災害復旧(元年災)

  ・ 地  区  名  :  白沢地区

  ・ 事業内容     :   揚水機復旧工 N=3基

  ・ 事  業  費  :  0101工事 178,200千円

                  0201工事 500,000千円(概算)

 

水没した揚水機場     知事視察

 阿武隈川の増水により水没した揚水機場        知事の被害状況視察(令和元年11月)

 

被災直後     復旧完了                       

   被害直後の揚水機場内の様子              復旧完了(一番手前のポンプ)

 

 

田植え

 

 

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。