ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

普及指導計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新
 普及指導計画

普及指導計画(2020年4月1日~)

(1)活動方針

 関係機関・団体との連携を強化しながら、効果的かつ効率的な普及指導活動を展開し、地域農業構造の改善により魅力ある農業と農村の実現を目指します。その中では、農業を担う意欲ある人材を育成しながら、食の安全・安心を基本とした消費者に支持される農産物の生産に努め、収益性の高い農業経営体を育成します。

 また、「新生プラン」の具現化に向けて、「日本型直接支払制度」、「農地中間管理事業」等を活用し、「園芸産地復興計画」や各市町の「農業経営基盤強化促進基本構想」などの計画等との整合を図りながら普及指導活動を展開します。

(2)普及指導課題の設定

 普及指導活動は、以下の課題を重点として取り組みます。

  視点1 ひとづくり

   ア  伊達地域を支える多様な担い手の確保・育成

  視点2 ものづくり

   イ  収益性の高い園芸産地の持続的な発展

   ウ  収益性の高い土地利用型農業の確立及び畜産経営の安定

   エ  安全・安心な農産物の生産と環境と共生する農業の推進

  視点3 地域づくり

   オ  地域の特色をいかした農業・農村の活性化

(3)普及指導活動体制

 普及指導活動は、「地域農業推進課」及び「経営支援課」の機能分担方式を基本としますが、重要性・緊急性等の高い重点推進事項に関しては、両課を横断した「推進チーム」を以下のとおり編成し、課題の解決を図ります。

  ア  人・農地プラン推進チーム

  イ  担い手育成チーム

  ウ  GAP認証取得支援チーム

  エ  園芸産地復興チーム

(4)普及指導活動方法

 普及指導活動は、市町・JA及び地域農業再生協議会等の関係機関・組織との連携強化と役割分担を明確にしなが  ら、農業者や地域集落の支援を行います。また、活動の進捗状況の定期的な確認や、農業普及推進懇談会及び外部評価懇談会における提言等を活動内容に反映させることにより、効果的かつ効率的な支援方法の構築を目指します。

ア 普及指導の対象

 経営改善に意欲的な認定農業者、集落営農組織、各生産部会など産地を支える生産組織、新規就農者(新規学卒・Uターン・新規参入・定年帰農等)、経営参画を目指す女性農業者、農業参入を希望する企業や地域産品を活用した6次産業化を推進する企業等の他、地産地消に意欲的に取り組む直売所、鳥獣害防止対策を推進する集落や農業者等に重点化を図りつつ普及指導活動を展開します。

イ 関係機関・団体との連携

 市町、JA・地域農業再生協議会等の関係機関・団体との連携を一層強化し、それぞれの役割分担を明確にして効果的かつ効率的な活動を行います。

ウ 普及指導協力委員等との連携

 経営管理・税務・流通等の関連分野を普及指導協力委員に委嘱し、その協力を得て効果的な活動を行います。

エ 指導農業士等との連携強化

 指導農業士・青年農業士・認定農業者会・青年農業者組織・加工活動組織や消費者との連携により活動の強化を図ります。

オ 各種施策の積極的活用

 普及対象農業者の経営改善に向けて、補助奨励事業や農業改良資金等の制度資金、各種施策を効果的に活用した活動を行います。

カ 情報収集・発信機能の強化

 農業者の経営革新に必要な情報等の収集に努めるとともに、情報内容の充実とITの高度利用による効果的な情報の発信を強化します。