ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県南農林事務所 > 第1回農業体験ツアー

第1回農業体験ツアー

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新
 第1回農業体験ツアー

第1回 農業体験モニターツアー

平成24年8月25日(土曜日)~8月26日(日曜日)、白河市表郷地区

 都市と農村の交流事業をとおして、福島県の農業の現状や本県の良さを知っていただき、地域農業を応援してもらおうと、首都圏から参加者を募って農業体験モニターツアーを実施しました。

農作業開始

 農作業した場所は、所有者が亡くなってしまった遊休農地でしたが、滝田さん(しらかわグリーン・ツーリズム協議会会長)が遺族から委託を受けて管理を進めていた場所です。

白菜定植

白菜定植

まず白菜の苗を30センチ間隔で植え付けていきます

 大根種まき

 大根種まき

 次に大根の種を2~3粒づつまいていきます

 ネギの説明

  ネギの白い部分は、成長に合わせて土をかぶせて作ります。出荷するまで5~6回の作業が必要なんです。

 ねぎ土寄せ

 ねぎ土寄せ

 肥料をまいた後、手分けして根本に土を寄せていきます。         お父さんに手伝ってもらって。

参加者

 参加者の方々

 暑い中みなさん がんばりました。

 

 夜は地元農家の方との交流会をとおして、地域農業について理解を深めました。

 

 ふれあいの里

 翌日は2箇所の農産物直売所をまわり、東地区のふれあいの里では、代表の方より原発事故以降の安全な農産物を届ける取組について、お話しをいただきました。

 

 11月には、今回植えた白菜・大根の収穫と、その作物を使った加工作業を行う、

 第2回モニターツアーを計画しています。

 

 


<連絡先>県南農林事務所企画部〒961-0971 福島県白河市昭和町269番地電話:0248-23-1576 Fax:0248-23-1590 kikaku.af03@pref.fukushima.lg.jp