ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 会津農林事務所 > ふくしまアグリイノベーション実証事業について

ふくしまアグリイノベーション実証事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月12日更新

ふくしまアグリイノベーション実証事業について

1 事業の紹介

(1) 事業の趣旨
  本県農業は、原発事故及び風評による米価下落をはじめ、高齢者の離農に伴う遊休農地の拡大が懸念されます。
  また、間近に迫る水田政策の転換を踏まえ、農地の利用・集約化を進め、収益性の高い大規模経営体等を育成するこ
 とが課題となっています。
  そこで、低コスト・高収益化を可能とする稲作の「革新技術」と、作業の効率化・省力化を可能とする「ICT技術」を組み
 合わせたフィールド実証を行い、低米価にも耐えうる100ha規模の大規模経営体(メガファーム)の育成を目指します。

(2) 水田メガファームモデル実証事業の概要
  稲作の規模拡大や生産安定に不可欠な「革新技術」と「ICT技術」の導入にあたり、県は、関係機関・団体等を構成員と
 する協議会を設置し、実証ほの設置・運営に取り組んでいます。
  実証期間は2年間で、平成29年度は、県内の3ヵ所(郡山市、南相馬市、猪苗代町)で、水田の経営面積がおおむね
 50haの経営体の協力を得て、実施しています。

  3地区の共通事項は、ICT技術であるほ場管理システムを導入し、複数の効果的かつ実用性の高い革新技術・農業機械を導入し、

ア 経営規模拡大、

イ 生産コスト低減、

ウ 収量及び品質の向上 

  等について、既存の技術、機械等と比較し、この効果をフィールドベースで実証しているところです。

水田メガファームモデル事業のポンチ絵

2 猪苗代地域で取り組んでいる実証内容の紹介

会津地方では、猪苗代地域で実証事業を行なっており、その取組内容を紹介します。

各項目をクリックすると「革新技術・ICT技術」の概要を見ることができます。

実証内容

導入技術一覧(1)スマートアシストリモート(ほ場管理システム)(2)密苗移植による低コスト・省力化
(3)苗箱まかせによる省力化(4)リモートセンシングと無人ヘリによる可変施肥(5)Paddy Watch(水管理システム)の活用
(6)複数品種の組み合わせによる農作業の平準化(7)インテリジェンスコンバインによる収量の把握

 

3 実証の取組経過

・密苗播種(5月1日)
・猪苗代地域水田農業技術革新推進協議会の設立(5月9日)
・密苗田植(5月20日)
・水管理システムの設置(6月1日)

【連絡先】
会津農林事務所農業振興普及部 地域農業推進課 Tel:0242-29-5306

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。