ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

山火事にご注意ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月20日更新

田畑の火入れやたき火、たばこなどの火の不始末により山火事が発生しています

毎年、3月から5月にかけて空気が乾燥し山火事(林野火災)が発生しやすくなります。

ひとたび林野火災が発生すると、市街地での火災とは異なり、
  消防利水の不足や道路状況などの地理的、地形的な条件から
   消火活動が非常に困難なため、焼損面積が広範囲に及ぶ
   危険性が高くなります。

◆特に原子力発電所事故の影響を受けた地域での林野火災は、
  
上記に加えて放射線防護対策の必要が生じるなど制約を受けることとなり、
    消火活動がより困難となります。

かけがえのない森林を林野火災から守るために、森林での火入れ等にあたっては下記に注意しましょう。

(1)森林または森林から1km以内にある原野・山岳・荒廃地などへの火入れは、市町村の許可と消防署への届け出をする
(2)風の強い日は、火入れやたき火を行わない
(3)火入れやたき火を行うときは、消火の備えをする
(4)火から離れるときは必ず消火する

■林野火災の防止について(福島県ホームページ)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025b/saigai-rinyakasai.html

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。