ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産事務所 > クロマグロの漁獲管理

クロマグロの漁獲管理

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月20日更新

 国は、太平洋クロマグロの資源回復を図るため、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)での国際合意に基づき、平成22年より管理強化に取り組んできました。

 クロマグロについては、平成30年7月から、「海洋生物資源の保存及び管理に関する法律(平成8年法律第77号)」に基づく、漁獲可能量(TAC)制度に移行し、クロマグロの漁獲可能量を定めるとともに、国内の保存管理措置について規定されました。

 遊漁者のクロマグロの採捕について、令和3年6月1日から小型魚(体重30kg未満)の採捕禁止(意図せず採捕した場合は、直ちに海中に放流)。大型魚(体重30kg以上)を採捕した場合には、水産庁へ尾数、総重量等を報告することが必要となりました。
 また、資源管理に支障を来す恐れがある場合は、太平洋広域漁業調整委員会会長より採捕の制限に関する公示がありますので、詳細及び最新情報は、水産庁ホームページをご確認ください。

 ※令和3年8月20日付け太平洋広域漁業調整委員会会長公示により、遊漁者のクロマグロ大型魚の採捕が禁止されました。採捕禁止期間は、令和3年8月21日から令和4年5月31日までとなります。


福島県には、国から管理期間毎に知事管理分としてクロマグロの漁獲可能量が割り当てられており、県計画を定めて管理を行っています。

管理期間 区分

知事管理量

(トン)

漁獲量

(トン)

第4管理期間

(平成30年7月1日~平成31年3月31日)

小型魚(体重30kg未満) 4.0 2.108
大型魚(体重30kg以上) 6.0 0

第5管理期間

(平成31年4月1日~令和2年3月31日)

小型魚(体重30kg未満) 13.3

0.835

大型魚(体重30kg以上) 1.0

0

第6管理期間

(令和2年4月1日~令和3年3月31日)

小型魚(体重30kg未満) 13.6

1.439

大型魚(体重30kg以上) 1.0

0

第7管理期間

(令和3年4月1日~令和4年3月31日)

小型魚(体重30kg未満) 12.8
大型魚(体重30kg以上) 1.0
 
クロマグロ(メジマグロ)の写真

 知事管理量の9割または期間別の数量の9割5分を超える時点で、採捕の停止命令が発出されます。停止命令が発出された場合は、漁業のみならず、遊漁においてもクロマグロを採捕できません。間違って採捕した場合は、生きたまますみやかに放流してください。

 *採捕の停止命令が発出された場合は、本ホームページにおいてもお知らせします。


ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。