ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

重点研究テーマ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月14日更新

農業総合センターにおける重点研究テーマ

 福島県農業総合センターでは5つの重点研究テーマを設け試験研究を実施しています。

 1 東日本大震災及び原子力災害からの復興

(1)放射性物質の除去・低減技術の確立

  ・農用地における放射性物質の分布状況の把握・農用地における放射性物質の除去・低減技術の確立

  ・農作物・畜産物における放射性物質の吸収抑制技術等の確立

(2)避難地域等における営農再開・農業再生のための技術の確立

(3)耕作地等における塩害等津波被害に対応するための技術の確立

2 安全・安心な県産農林水産物の安定供給と生産者の所得の向上

(1)安全・安心な農林水産物生産技術の確立

(2)農林水産物の安定供給技術の確立

  ・気象変動に打ち勝つ生産技術の確立

  ・難防除病害虫等の効果的な防除技術の確立

  ・国産飼料の活用による飼料自給率向上技術の確立

(3)省力化・高品質化化等による生産技術の確立

  ・本県の地域性に対応した生産性、品質向上技術の確立

3 競争力と個性ある県産農林水産物のブランドの確立

(1)本県に適した品種開発・家畜の改良

  ・競争力のあるオリジナル品種の効率的な開発

(2)開発品種・改良した家畜の利活用技術に確立

  ・畜産業の産地形成を支える家畜の改良と利用技術の確立

(3)優良種苗・種畜を安定的に供給するための技術確立

  ・オリジナル品種による特色ある産地づくり支援技術の確立

4 自然・環境と共生する農林水産業の推進

(1)農林水産業における資源の循環利用のための技術確立

  ・水稲・野菜等における有機・特別栽培技術の確立

(2)環境負荷低減と農林水産業の持つ多面的機能を発揮させるための技術確立

  ・資源循環利用や総合的病害虫管理(IPM)による環境負荷低減技術の確立

  ・生物多様性を維持する農業生産技術の確立

  ・鳥獣害対策の開発及び実証

(3)地球温暖化に対するための技術確立

  ・地球温暖化に伴う農業生産への影響分析と対応技術の確立

5 農林水産物や地域資源を活用した地域産業の6次化の推進

(1)地域資源の再評価と素材化のための技術開発

(2)県産農林水産物の高付加価値化及び商品化のための技術開発

  ・県産農林水産物や地域の特色ある品目の生産・加工技術の確立