ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

各種申し込み

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月23日更新

会議室使用申請

使用を希望される場合は、空き状況を確認の上(電話 024-958-1706(事務部))、使用承認申請書(使用1か月前までに、郵送または持参)にてお申し込みください。
施設の利用料金や、利用申請書のダウンロードは、こちらを御覧ください。

申し込みに当たって、御確認願います。


1 設備、備品
(1)ガスコンロ(給湯設備はあります)、電子レンジはございません。
(2)コピー機はございません。必要の場合、最寄りのコンビニエンスストアを御利用願います。
(3)wi-fi、通信設備はございません。
(4)パソコンなどとの接続端子は、D-sub15ピン、RCA端子(三色端子ピンプラグ)です。その他の端子を御利用の場合
 は、準備、持参願います。
(5)冷暖房の使用は、事前申請が必要です。


2 そのほか
(1)施設の開放は、平日8時30分、土日祝日は9時以降です。準備等によりそれ以前の入場が必要の場合は、事前に御相談ください。

施設利用に関してのご不明点は農業総合センター 事務部総務課 024-958-1706 までご連絡ください。

視察見学申請

農業総合センターでは、以下のとおり視察見学等を受け入れています。
所要時間は、いずれも30分~1時間程度です。コースの組み合わせも可能です。
申請書を提出いただく前に、予約状況等を電話(企画技術科 024-958-1700)で確認いただきますようお願いします。

コース名内  容受入日
自由見学コース

当所交流棟、展示母屋、展示農園を、御案内なしで御自由にご覧いただきます。

平日、土・日・祝日
(年末年始を除く)
9時30分~16時30分

視察見学コース当所の施設、機能、試験研究の取組概要について御案内します。平日、土・日・祝日
(年末年始を除く)
研究成果コース

原則として当所の研究成果について、担当する研究員から御説明します。
テーマ、日程等について、調整が必要ですので、御注意願います。

平日
(年末年始を除く)

農林水産物の緊急時環境
放射線モニタリングコース

農林水産物の放射線モニタリングへの取り組み、実施状況について、担当から御説明、御案内します。

平日
(年末年始を除く)

【視察見学にあたってのお願い】

1 申請方法
(1)日程、内容等をお問合せください。
   窓口(企画技術科 電話024-958-1700)に連絡ください。
   その後、担当部(科)におつなぎします。
(2)(1)により受入可能との返答を受けられましたら、視察見学希望日の10日前までには、ファックス、メール、または郵送
 により、企画技術科まで申請書を送付願います。
(3)受付は、先着順とさせていただきます。日程が重複した場合や、業務の都合により、御希望(日程、内容)に添えない場
 合があります。
(4)原則として「自由見学コース」は申請書の提出は不要です。ただし、10名以上、2時間以上の御利用の場合は、御連絡
 をお願いします。

2 注意事項
  やむを得ない理由により視察受入の継続が困難になった場合や、視察見学の承認を受けた方が、次のいずれかに該当する場合には、承認を取り消す、またはお断りすることがありますので、御承知おき願います。
(1)視察の運営に重大な支障を与えた場合
(2)利用者が飲酒した状態で来所した場合

視察見学申請書はこちらからダウンロードしてください。 
ア Word版 (H30.12改訂) [Wordファイル/67KB]
イ PDF版 (H30.12改訂) [PDFファイル/32KB]

  • 視察見学等申請書は、ファックス、メール、または郵便でお送りください。
      送付先
    :福島県農業総合センター企画技術科
       〒963-0531 福島県郡山市日和田町高倉字下中道116番地
      電話 024-958-1700  Fax 024-958-1726  メール nougyou.jouhou@pref.fukushima.lg.jp

 

開放実験室利用申請

 実験室に備えられている機器を利用して、 自ら水や土壌の分析、病害虫の診断、米や青果物の成分分析、虫や植物の観察などのために、どなたでも利用できる施設です。(営利目的の場合は除く)

機器の使い方については、センターの職員が指導します。

利用時間

開放実験室の利用時間は平日午前9時から午後4時30分までです (土曜、日曜、祝祭日は利用できません)。

なお、米粒食味計等は電源投入後に動作が安定するまで1時間程度要するため、午前10時からの利用となります。
また、使用後の片づけ、清掃等は利用者側で行ってください。また片づけ後は、その旨係員にお申し出ください。

利用料金

施設利用料(電気、ガス、水道料含む)、および備え付けられている試薬の料金はいただきません。ただし、実験に必要な試料(サンプル)などは持ってきてください。

なお、米粒食味計を御利用の場合、試料として玄米2合(約300g)が必要です。

利用できる主な器具機材

(詳しくはこちらのPDFをご覧ください)

  1.天秤    2.PHメーター   3.導電率(EC)メーター    4.定温乾燥機    5.顕微鏡
  6.ハンディースコープ   7.色彩色差計    8.米粒食味計
  9.フルーツセレクター(非破壊式糖度酸度計)    10.糖度計   11.屈折計    12.果実硬度計
  13.RQフレックス   14.スターラー    15.オートカウンター(穀粒数計測器)    16.ビュレット
  17.オートピペット   18.デジタルノギス

  •  事前に電話(企画技術科:024-958-1700)にて空き状況を確認の上、利用しようとする日の3日前までに利用申請書に記入の上Faxまたは電子メールで申し込んでください。
  • 予約の状況によっては希望の日時で受けられないこともありますので、余裕を持って申し込んでください。なお、空き状況の確認の電話については、平日8時半~17時の間にお願いします。
  • 利用申請書のダウンロードはこちら    Word版 [45KB]   PDF版 [12KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)