ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

発生予察灯調査結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月23日更新
  • 虫の多くは夜間光に集まってくる性質があります。この性質を利用して、白熱灯に集まってくる害虫を、日別に種類と数を調べて害虫発生の時期を知り、その年の発生推移および発生量を把握するための資料としています。

普通作物の発生予察灯調査結果

《参考》過年度の予察灯データ
       平成30年度(2018年度)の水稲の予察灯データ [PDFファイル/227KB]   
   平成29年度(2017年度)の水稲の予察灯データ [PDFファイル/223KB]                             
       平成28年度(2016年度)の水稲の予察灯データ [PDFファイル/155KB]
      平成27年度(2015年度)の水稲の予察灯データ [PDFファイル/166KB] 
   平成26年度(2014年度)の水稲の予察灯データ [PDFファイル/257KB]
   平成25年度(2013年度)の水稲の予察灯データ [PDFファイル/315KB] 

                                                                                                                                          

データの利用に関する注意

  • 予察灯の誘殺数は、夜間の気象条件の影響を強く受けます。降雨や低温だと誘殺数が少なくなります。
  • また、移動の少ない害虫では地域による差が大きくなるので、大まかな目安と考えてください

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。