ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

移転登記

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月7日更新

移転登記

【5】契約はどのようにして行うのですか。  
   また、契約した後の登記や移転は、どのようにすればよいの
  ですか。

 土地代金や物件の補償金についてご了解いただきますと、契約書や登記承諾書に署名・押印いただくとともに、土地を県に引き渡していただくため、建物などの物件を一定の期限までに移転していただきます。

イメージ図

■契約時に用意していただくもの

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 補償金支払口座の番号

■お譲りいただく土地の所有権移転登記は県が行います。(代替地を除く)

  • 登記名義人が死亡している場合には、相続手続きが必要です。
  • 抵当権等が設定されている場合には、抹消手続きが必要です。

 

<Next>【6】補償金支払いへ

<Back>【4】契約内容の説明へ

用地補償の流れへ戻る