ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 道路管理課 > 福島県橋梁点検サポーター事業についての説明

福島県橋梁点検サポーター事業についての説明

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月27日更新

福島県橋梁点検サポーター事業とは

  • 今後、高度経済成長時に多く建設された橋梁の老朽化が進行し、維持管理すべき橋梁が膨大な数となります。
  • 橋の損傷を早期に発見し、修繕できれば、少ない経費で効率的な維持管理が行えます。

                       ↓   そこで…

 福島県では橋の周辺に住む住民の力を借り、定期的に橋梁の状況把握を行い、目視点検により変状を早期に発見し、報告してもらう橋梁点検サポーター(S B I:Supporters of Bridge Inspection)制度を導入しました。

福島県橋梁点検サポーター事業の仕組み

点検の頻度

  • 五年に1回実施している定期点検(近接目視)の間に簡易的な点検を橋梁点検サポーター(S B I)へ行ってもらいます。

点検の頻度

点検の役割

  • 橋梁の異常が確認された際に県(建設・土木事務所)へ報告してもらいます。
  • 県(建設・土木事務所)において、確認し必要に応じ道路維持補修委託会社へ修繕の指示・依頼を行います。

点検の役割

効果と可能性

効果的な予防保全

  橋梁損傷の最たる漏水や土砂詰まりの早期発見につながります。

  雨期や冬期の水による損傷を予防することで橋梁の長寿命化が図れます。

第3者被害防止

  点検時にコンクリート剥離等の異常を発見することで、未然に事故を防止できます。

ボランティアによる効果

  定期点検と比較しコスト縮減が図れます。

  人手不足解消につながります。

  県民との連携・協働により、橋梁長寿命化に対する県民啓発が期待できます。

問い合わせ先

  本事業の詳しい内容については、最寄りの建設事務所へ問い合わせ下さい。

問い合わせ先

地 区

  最寄り建設事務所  連絡先

(管理課直通)

  福島市、二本松市、伊達市、本宮市、伊達郡、安達郡  県北建設事務所  024-522-2124
郡山市、須賀川市、田村市、岩瀬郡、石川郡、田村郡県中建設事務所024-935-1459
白河市、西白河郡、東白川郡県南建設事務所  0248-23-1633
  会津若松市、河沼郡、大沼郡会津若松建設事務所0242-29-5444
  喜多方市、耶麻郡喜多方建設事務所  0241-24-5718
南会津郡南会津建設事務所  0241-62-5318
相馬市、南相馬市、双葉郡、相馬郡相双建設事務所  0244-26-1183
いわき市いわき建設事務所  0246-24-6120
※建設事務所等所管区域図 [PDFファイル/145KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)