ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 都市計画課 > 福島県被災宅地危険度判定士養成講習会(令和3年度)

福島県被災宅地危険度判定士養成講習会(令和3年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月10日更新

令和3年5月14日(金)に開催予定をしておりました講習会は延期とします。

 ※県内で新型コロナウィルスの感染が拡大していることから、
  令和3年5月8日(土)~令和3年5月31日(月)が「福島県緊急特別対策期間」となったため延期とし、
  今秋頃の開催予定としております。

 ※改めて開催する際に、本ホームページにおいて案内いたします。

「令和3年度福島県被災宅地危険度判定士養成講習会」の開催(募集)

1.講習会内容 

  • 参加は無料ですが、被災宅地危険度判定士の登録を前提としておりますので、登録資格要件を満たさない方、及び登録を希望しない方は受講できません。

(1)受講対象者

  • 福島県被災宅地危険度判定士登録要項第4条1項各号のいずれかに該当する希望者。   
    ※大学等での土木または建築に関する課程の学歴と実務経験、指定の国家資格を有する方などで、詳しくは被災宅地危険度判定士資格要件申告書 [Wordファイル/29KB](様式第3号)の裏面、「該当する資格要件」をご覧ください。

(2)講習内容

  ア.被災宅地危険度判定士制度
  イ.被災宅地危険度判定技術
  ウ.被災宅地危険度判定実例

(3)講習会会場

  ア.日時:令和3年5月14日(金曜日)13時30分~16時30分  受付13時00分から
  イ.会場:福島県庁本庁舎5階 正庁
       〒960-8670 福島市杉妻町2-16
  ウ.定員:60名

  ※お車で御来場の際には、県庁駐車場を御利用ください(講習会受付時に駐車券の無料処理を行います。)。

2.申し込み方法等 

申し込み方法

  • 申込先に直接提出、または郵送してください。(必ず写真添付のこと)
    ※各所属団体で希望者(提出書類)を取りまとめ、申し込みいただいても構いません。
    ※必要書類が揃っているか御確認のうえ提出願います。

提出書類

  1. 福島県被災宅地危険度判定士養成講習会受講申込書 [Wordファイル/38KB](様式第1号)
  2. 被災宅地危険度判定士登録申請書 [Wordファイル/20KB](様式第2号)
  3. 被災宅地危険度判定士資格要件申告書 [Wordファイル/29KB](様式第3号)
  4. 上記3の資格要件を証明する書類(該当者のみ)
  5. 被災宅地危険度判定士実務経験証明書 [Wordファイル/18KB](様式第4号)(該当者のみ) 
    ※実務経験証明書の記載例はこちら [Wordファイル/18KB]
  6. 受講者本人の顔写真(縦3cm×横2.4cm 申請6ヶ月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景のもの)
     ※写真の裏面には氏名を記入してください。
     ※プリンタ等で作成(印刷)する場合は、写真印刷用の用紙(厚紙)を使用してください。 

3.申し込み期限 

 【講習会受講の申込みは終了しました】 

  • 令和3年4月30日(金曜日)必着 ※郵送の場合は当日消印有効 

4.講習会テキスト等 

被災宅地危険度判定士養成講習会資料

 ※こちらよりダウンロードして、講習会当日ご持参ください。

  01 被災宅地危険度判定マニュアルの解説 [PDFファイル/18.31MB]
  02 危険度判定票を作成してみよう [PDFファイル/5.99MB]
  03 演習問題 [PDFファイル/2.5MB]

 

被災宅地危険度判定マニュアル

 

  • 被災宅地危険度判定連絡協議会のホームページ(http://hisaitakuti.jp) 
    『ダウンロード』より被災宅地危険度判定関係のマニュアルをダウンロードしてください。
  • 講習会では以下の3冊を中心に使用いたします。
    ・被災宅地の調査・危険度判定マニュアル
    ・被災宅地の調査・危険度判定マニュアル(参考資料)
    ・擁壁・のり面等被害状況調査、危険度判定票作成の手引き

5.その他 

  1. 受講者の決定は、申込書を受け付け、資格要件等を確認した順に行います。
    なお、受講決定者への連絡は特に行いません。講習会当日、受付時間内に会場へお越しください。
  2. 定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。
    受講できない方には御連絡のうえ、受講をお断りいたしますので、あらかじめ御了承ください。

6.様式等

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)