ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 都市計画課 > 福島県の都市計画 「まちづくりを考えよう6」

福島県の都市計画 「まちづくりを考えよう6」

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新
木のイラストですキビタンのイラストです
福島県の都市計画
 木のイラストです
空白
トップ
都市計画ってなに?
会議開催情報
Q&A
 まちづくりを考えよう
お問い合わせは 福島県 土木部 まちづくり推進課  

電話 (024)521-7510

 市街地再開発事業のしくみ
  市街地再開発事業は、「地権者」「地方公共団体」「デベロッパー・テナント等」の三者が協力して行います。地権者の方は、『権利変換』という方法で現在の土地や建物の価値にみあう分のビルの床を取得します。この現在の権利に換えて取得するビルの床を『権利床』といいます。ビルの建設資金等については、土地を高度利用することにより産み出したビルの余った床(『保留床』といいます。)をデベロッパー・テナントに売却することや権利者の共同出資した会社が、一旦取得してテナントに賃貸すること等によってまかないます。又、『権利床の増床』というかたちで地権者が余った床を取得することも可能です。
市街地再開発事業のしくみ
出典:(社)全国市街地再開発協会パンフレット
前のページへ
次のページへ
ライン 
 1.都市計画区域マスタープラン  2.土地と建物の制限  3.県営都市公園  4.街路整備
 5.まちづくりを考えよう  6.開発許可制度  7.屋外広告物 8.都市計画年報
 ライン 
↑top
 
 

●都市総室のトップページへ●   ●福島県のトップページへ●   ●福島県のサイトマップへ●


  福島県 土木部 都市総室 都市計画課、まちづくり推進課