ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建築指導課 > 応急危険度判定(新規養成・コーディネーター養成)講習会の開催

応急危険度判定(新規養成・コーディネーター養成)講習会の開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月28日更新

応急危険度判定士とは

 応急危険度判定士とは、大規模な地震により被災した建築物の余震等による倒壊や部材の落下等により生ずる二次災害から住民の生命を確保するため、被災建築物の危険性を調査し、その結果を表示する等の判定作業を行う方です。

応急危険度判定士になるためには

 一級建築士、二級建築士、木造建築士、県内の地方公共団体の職員が、公益財団法人福島県建築士会が主催する応急危険度判定(新規養成)講習会を受講すればなることができます。

 

応急危険度判定(新規養成)講習会の開催について

 開催日時

 以下の3会場で開催します。講習内容はすべて同じです。

 日時 : 平成28年10月19日(水曜日) 14時00分~16時30分
 場所 : 大江戸温泉物語 会津 「あいづの間」 会津若松市神指町北四合字東神指77-1

 日時 : 平成28年11月1日(火曜日) 14時00分~16時30分
 場所 : いわき新舞子ハイツ「多目的ホール」 いわき市平下高久字南谷地16-4

 日時 : 平成28年11月14日(月曜日) 14時00分~16時30分
 場所 : ビッグパレットふくしま「プレゼンテーションルーム」 郡山市南2丁目52

 3会場とも、すべて主催は公益財団法人福島県建築士会です。

講習会の受講資格

 以下の1、2のいずれかに該当する方です。

 1 建築士(1級・2級・木造)の方
 2 福島県内の地方公共団体職員の方

必要書類

 講習会当日に下記書類を忘れずに持ってくるようお願いします。

 ・ 住民票 1通
 ・ 写真  2葉(縦3cm × 横2.4cm、カラーの証明写真)
 ・ 建築士免許証の写し 1通(建築士資格をお持ちの方)
 ・ 筆記用具
 ・ テキスト「被災建築物応急危険度判定マニュアル」(発行者:(一財)日本建築防災協会、全国被災建築物応急危険度判定協議会)
 ※テキストをお持ちでない方は、講習会当日、会場で販売しておりますので購入してください。(1冊2,000円)

申込方法

 申込用紙に必要事項を記入し、Fax 024-523-4644 にて、公益社団法人 福島県建築士会事務局までお申し込みください。電話で申し込みされる場合は、Tel 024-523-1532 まで連絡してください。
  申込用紙 [PDFファイル/95KB]

 

応急危険度判定(コーディネーター養成)講習会の開催

  応急危険度判定コーディネーターとは、応急危険度活動の実施にあたり、判定実施本部、支援本部及び災害対策本部と応急危険度判定士との連絡調整にあたる判定業務に精通した応急危険度判定士の方です。

開催日時

 日時 : 平成28年11月22日(火曜日) 14時00分~16時00分
 場所 : 「ビッグパレットふくしま」 コンベンションホールB 郡山市南2丁目52
 主催 : 公益社団法人 福島県建築士会

講習会の内容

 1 応急危険度判定コーディネーターについての受講
 2 グループワーク

参加条件

次の1、2のいずれかに該当する方
 1 応急危険度判定士資格所有者
 2 行政職員

持ってきてもらう物

 ・ 応急危険度判定認定証及び判定士手帳
 ・ 筆記用具

参加費用

 無料

申込方法

 申込用紙に必要事項を記入し、Fax 024-523-4644 にて、公益社団法人 福島県建築士会事務局までお申し込みください。電話で申し込みされる場合は、Tel 024-523-1532まで連絡してください。
 申込用紙 [PDFファイル/95KB]

 

応急危険度判定(模擬訓練)講習会の開催

 今年度も開催予定です。日時等が決まりましたら掲載いたします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)