ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建築指導課 > 令和2年度「ふくしまの未来を育む森と住まいのポイント事業」の募集は終了しました

令和2年度「ふくしまの未来を育む森と住まいのポイント事業」の募集は終了しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月15日更新

受付終了のお知らせ

 予算額に達したため、今年度のポイント交付申請の受付は終了しました(令和3年1月15日)
 たくさんの御応募ありがとうございました。

 事業の概要

 本県の豊かな森林環境を保全し、循環型社会の形成を図るため、県産木材を使用して、木造住宅を建設(新築・増改築・購入)する建築主に対して、県産の農林水産物や商品券等と交換可能なポイントを交付する「ふくしまの未来を育む森と住まいのポイント事業」を実施します。
ふくしまの未来を育む森と住まいのポイント事業チラシ [PDFファイル/801KB]

◇◇◇ ふくしまの未来を育む森と住まいのポイント事業は「福島県森林環境税」を財源に実施しています ◇◇◇

 日差しを受ける広葉樹木の家の内装

お知らせ 

★今年度のポイント申請期間は令和2年7月1日(水曜日)から令和3年2月26日(金曜日)までです。

令和2年度「ふくしまの未来を育む森と住まいのポイント事業」募集要領 [PDFファイル/606KB]

 

今年度の交換商品

 ★今年度の交換商品が決まりました。
  ◆◆◆令和2年度の交換商品◆◆◆ (別ページにジャンプ)

ポイント交付の要件

 ポイントの交付を受けることができる方は、次の要件をすべて満たす木造住宅の建設等(新築・増改築・購入)を行う方(建築主)とします。

  1. 県内に自ら居住するための住宅。
  2. 主たる営業所が県内にある施工者による住宅。
  3. 令和2年4月1日以降に完成している住宅。
  4. 主要構造材(柱・梁・桁・土台)及び間柱(厚さ27mm以上)において、所定量以上(下表)の県産木材を使用している住宅。
    対象住宅の延べ面積と必要な県産木材使用量
    延べ面積 県産木材の使用量
    80平方メートル未満 4立方メートル
    80平方メートル以上95平方メートル未満 5立方メートル
    95平方メートル以上110平方メートル未満 6立方メートル
    110平方メートル以上125平方メートル未満 7立方メートル
    125平方メートル以上 8立方メートル
  5. 建築基準法等の関係法令に適合している住宅であること。

  6. 世帯員のいずれも過去に本事業(福島県森と住まいのエコポイント事業、ふくしまエコ・プラス住宅応援事業を含む)によるポイントの交付を受けていないこと。

交付ポイント数

  1 一般の方(2以外の方) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20万ポイント(1棟あたり)
  2. 被災者等、県外からの移住者、子育て世帯の方  ・・・・・30万ポイント(1棟あたり)
 ※ 森林認証材加算:「ポイント交付の要件」で、対象住宅の延べ面積に応じて定められた県産木材の使用量の2分の1
               以上が森林認証材である場合、1又は2に10万ポイントを加算します。

  • 1ポイント=1円相当
  • 最大240棟分(申請1件あたり20万ポイントと仮定した場合)

 

ポイントの申請方法

 所定の申請書を作成し、事務局へ郵送または持参してください。

  事務局 福島県木材協同組合連合会(外部ページにジャンプ)
       〒960-8043 福島市中町5-18(林業会館2F)
       電話 024-523-3307
       FAX 024-521-1308

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)