ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建築指導課 > 「宅地建物取引士証」への切替再交付等にかかるお知らせ

「宅地建物取引士証」への切替再交付等にかかるお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月16日更新

「宅地建物取引士証」への切替再交付にかかる手続きについて

 平成27年4月1日から「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」が施行され、「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」への名称変更にともない、改正宅地建物取引業法施行規則第14条の15の規定により「宅地建物取引主任者証」から「宅地建物取引士証」への切替再交付申請が可能になります。

 なお、「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」の附則第4条により、現在所有している「宅地建物取引主任者証」は、「宅地建物取引士証」へとみなす規定がありますので、有効期間が満了するまで、そのまま利用していただいても構いません。切替再交付申請については、「宅地建物取引士証」への切替再交付を希望する方のみ申請してください。


1.切替再交付申請時に提出してもらう書類等

(1) 宅地建物取引士証再交付申請書 [PDFファイル:55KB/(【記載例】宅地建物取引士証再交付申請書[PDFファイル:63KB]
(2) 写真1枚(カラー、縦3.0センチメートル×横2.4センチメートル、無帽、上半身、正面、無背景。申請直前6ヵ月以内に撮影したもの。裏面に氏名及び撮影年月日を記入。)
(3) 現在交付を受けている宅地建物取引主任者証の写し(住所の裏書きをしている場合は裏面の写しを添付。)
(4) 福島県の収入証紙4,500円
  ※ 県外から再交付申請する場合は、392円の郵便切手を貼付した返信用封筒(長3形・送付先明記。簡易書留で返送。)


2.受付窓口等

(1) 受付期間 平成27年4月1日(水曜日)から
(2) 受付時間 8時30分~12時00分、13時00分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日を除く。)
(3) 受付窓口
  ○ 県内に居住している方 → 住所地を管轄する建設事務所
  ○ 県外に居住している方 → 福島県土木部建築指導課

「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」の施行について

 平成26年6月25日に「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」が公布され、平成27年4月1日から施行されます。

 今回の法改正では、「宅地建物取引主任者」の名称が、「宅地建物取引士」に改められることにより、「宅地建物取引主任者証」の名称も、「宅地建物取引士証」に改められます。

 なお、今回の法改正で「宅地建物取引士」に名称が改められますが、現在「宅地建物取引主任者」の登録等をしている方々には、下記のとおりみなし規定があります。

1. 「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」附則第2条により、この法律の施行日前までに「宅地建物取引主任者資格試験」に合格された方は、「宅地建物取引士資格試験」に合格された方とみなされることから、再度この試験を受験していただく必要はありません。

2. 「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」附則第8条により、この法律の施行日前までに「宅地建物取引主任者」の登録を受けた方は、「宅地建物取引士」の登録を受けた方とみなされることから、再度登録申請をしていただく必要はありません。

3. 「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」附則第4条により、この法律の施行日前までに交付されている「宅地建物取引主任者証」については、有効期限が満了するまでの期間は「宅地建物取引士証」とみなされることから、切替による再交付を希望されない場合は、「宅地建物取引士証」への再交付申請をしていただく必要はありません。

福島県宅地建物取引業法関係手数料条例の一部改正にともなう新規手数料の設定について

 今回の法改正にともない、福島県では、平成27年4月1日から改正宅地建物取引業法施行規則第14条の15に規定されている亡失、滅失、汚損、破損その他の事由(宅地建物取引士証への切替等)を理由に、再交付申請をしていただく場合には、福島県の収入証紙で4,500円の手数料を納付していただくことになりますので、ご承知おきください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)