ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

あぶくま高原道路の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

あぶくま高原道路の概要

 

名称について

  • 路線名 主要地方道 矢吹小野線
  • 地域高規格道路 福島空港あぶくま南道路
  • 愛称 あぶくま高原道路」(※愛称募集により決定しました)

どことどこを結ぶ道路

あぶくま高原道路は、東北自動車道の矢吹ICと磐越自動車道の小野ICを結ぶ

延長35.9kmの自動車専用道路です。

道路の構造

【矢吹IC~福島空港IC、平田IC~小野IC】
  • 構造規格 第1種3級
  • 設計速度 80km/h
  • 車線数 暫定2車線
【福島空港IC~平田IC】
  • 構造規格 第1種3級
  • 設計速度 80km/h
  • 車線数 2車線
img1.gif

整備目的

  • 県内の中通り地方と浜通り地方とを結ぶ交通網の強化による地域間交流連携の促進
  • 阿武隈地域の発展の支援
  • 県南・浜通り地方はもとより、栃木県をはじめとする北関東からの福島空港へのアクセスの向上
  • 災害時の代替路線の確保
  • 救急医療体制の支援

整備効果

  • 利便性の向上
    • 矢吹~小野間の所要時間が大幅に縮小されます。
    • 福島空港へのアクセス性が向上し、空港利用者の利便性が高まります。
  • 交流連携の推進
    • 小名浜港と県南地方の物流が円滑になります。
    • いわき~県南にかけて、広範囲の観光スポットを効率的に周遊できます。
    • 市場への輸送時間短縮により、地場産品の販路を拡大します。
  • 信頼性の確立
    • 広域的な高速道路ネットワークの代替性を強化します。
    • 緊急時や災害発生時における緊急輸送ネットワークが形成されます。