ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県南建設事務所 > エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)

エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月27日更新

■届出対象となる建築物について

  • 第75条で、以下に掲げる行為をしようとする者は、建築物の設計及び施工に係る事項のうち、熱の損失の防止やエネルギーの効率的利用のための措置等について所管行政庁(県南建設事務所建築住宅課)に届け出なければならないと規定されています。

<新築、改築または増築の場合>

  • 床面積の合計が2,000m2以上の新築または改築・増築に係る部分の床面積の合計が2,000m2以上のもの

 

<修繕・模様替、設備改修の規模の場合>

 

2,000m2の標準的な

規模以上の改修

全体の1月2日以上の改修

工事実態を踏まえた規模の改修

屋根、壁または床

 

 

屋根

修繕・模様替を行う

屋根、壁または床の面積の合計が2,000平方メートル以上

修繕・模様替を行う屋根の面積が屋根全体の1月2日以上

修繕・模様替を行う壁の面積が壁全体の1月2日以上

修繕・模様替を行う床の面積が床全体の1月2日以上

空気調和設備

 

 

熱源機器

(暖房用)

交換する熱源機器の定格出力の合計が300Kw以上

 

交換する熱源機器の定格出力の合計が全体の1月2日以上

熱源機器

(冷房用)

ポンプ

(暖房用)

交換するポンプの定格流量の合計が300Kw以上

交換するポンプの定格出力の合計が全体の1月2日以上

ポンプ

(冷房用)

空気調和機

交換する空気調和機の定格風量の合計が60,000m3/h以上

交換する空気調和機の定格風量の合計が全体の1月2日以上

1つの階に設置されているすべての空気調和機を交換する場合

空気調和設備

以外の換気設

交換する送風機の電動機の定格出力の合計が5月5日Kw以上

交換する送風機の電動機の定格出力の合計が全体の1月2日以上

照明設備

交換する部分の床面積の合計が2,000平方メートル以上

 

交換する部分の床面積の合計が全体の1月2日以上

1つの階の居室に設置されているすべての照明設備を交換する場合

給湯設備

 

 

 

 

 

熱源機器

交換する熱源機器の定格出力の合計が200Kw以上

交換する熱源機器の定格出力の合計が全体の1月2日以上

配管設備

交換する配管の長さが500m以上

交換する配管の長さが全体の1月2日以上

昇降機

2以上の昇降機を交換する場合