ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 喜多方建設事務所 > 猪苗代湖の無許可占用物等への対応について

猪苗代湖の無許可占用物等への対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月4日更新

猪苗代湖の無許可占用物等への対応について

1.趣旨

 猪苗代湖は、磐梯山の麓にあり、四季折々に水と緑が織り成す多様な自然景観は年間600万人が訪れる磐梯国立公園の中核的な存在であり、「地域の宝」のみならず国民共有の財産ともいえるものですが、ここには無許可工作物、占用等の違法な物件も存在します。
 これらの違法物件を放置・黙認すると優れた猪苗代湖の水資源及び自然環境を害し、また観光資源としての価値の低下を招くだけでなく、他の違法行為を誘発し河川管理上の支障となることから、猪苗代土木事務所では、これらの排除、予防に積極的に努めております。以下この取り組みの一部についてご紹介します。

詳しくは猪苗代湖・裏磐梯湖沼水環境保全対策推進協議会のホームページ(http://www.ht-net21.ne.jp/~kosuikyo/index.html)を参照ください。

猪苗代湖と磐梯山猪苗代湖全体図

猪苗代湖と磐梯山
(猪苗代湖・裏磐梯湖沼フォトコンテスト入賞作品)

猪苗代湖全体図

2.紹介事例について

(1)対象地区

地区名

違法建築物等の状況(概要)

1 天神浜地区(河川区域)

 磐梯山と猪苗代湖面のコントラストが素晴らしい絶好の景観ポイントで、冬の飛沫氷の見られる場所にも近接し砂浜が続く優れた自然環境の場所ですが、放置された船艇や無許可工作物がこの景観と環境を害していました。この状況は、相当以前(おそらく10年以上前)から続いていました。

2 小黒川河口

 この周辺には天然記念物の水スギゴケ等が繁茂する天然記念物指定水域があり、猪苗代湖自然保存ゾーン(平成16年から水環境保全区域にも指定)に指定されている自然が豊かな場所ですが、釣り愛好者が任意に結成した同好会団体が、数十年前から小黒川河口部(猪苗代湖合流地点)を独占的に繋留場所として占用しており、船舶や係留施設等によって流水が阻害されゴミ等が引っかかって溜まっている状態でした。

(2)経過

地区名

違法建築物等の状況(概要)

1 天神浜地区(河川区域)

※詳しい経緯・写真についてはこちらをご覧下さい。

 平成15年度から放置船艇や無許可工作物等に警告書を添付して物件ごとに台帳を整理し、巡視指導を強化しました。また、違法行為者代表者等に対して口頭による指導を行ないましたが、効果が見られませんでした。このため、チラシを作成してヨット大会等で配布するとともに違法行為の禁止と撤去を求める看板を設置して違法行為に対する河川管理者の指導を明確に示すこととしました。 さらに関係団体に対し協力を要請し、違法行為者に直接的ないし間接的に撤去を促がすようにしました。この結果、地元青年会議所が中心となって放置舟艇等を撤去する活動が展開され、地区内の90艘余りの放置船艇や無許可工作物等が撤去されました。

2 小黒川河口

※詳しい経緯・写真についてはこちらをご覧下さい。

 平成15年度から違法行為者代表者等に対して撤去・原状回復指導するとともに、1艘ごとに台帳を整理し、巡視指導を強化しました。また、違法行為の禁止と撤去を求める看板を設置して違法行為者に対する河川管理者の指導を明確に示すこととしました。 その結果、違法行為者の大部分は平成15年度中に撤去しましたが、一部の者はこれに応じなかったため、平成16年度に、放置船等に警告書を添付するとともに、未撤去者に対する個別指導を強化した結果、放置船艇や無許可工作物等が撤去されました。

箇所図
箇所図

天神浜撤去前(H15.5.13)

天神浜撤去後(H16.9.3)

【天神浜撤去前(H15.5.13)】

【天神浜撤去後(H16.9.3)】

小黒川河口撤去前(H15.6.13)

小黒川河口撤去後(H16.8.4)

【小黒川河口撤去前(H15.6.13)】

【小黒川河口撤去後(H16.8.4)】

3.今後の課題

猪苗代湖の不法占用等の違法行為については、「地域の宝」を私物化したり、湖の環境、景観を悪化させるものという点で地域住民や県民感情の強い反発を招くものであり、早期に発見して指導等の対応をしなければなりません。
 しかしながら、河川管理を行う猪苗代土木事務所は職員十数名の少人数で河川(河岸延長228.7km)だけでなく道路等(道路延長約160km)の公共施設の管理もおこなっており、専門に従事している河川巡視員1名だけでは対応しきれない状況にあります。
 また、不法占用等の違法行為については、河川法に違反しているだけでなく、他の行政機関が所管する多くの法律・条例等に抵触している場合がほとんどであり、各機関が連携しながら対応していく必要があります。
 従って、これからは「地域の宝」を行政機関のみでなく地域住民も一致団結して守るという体制作りをどのように行なうか検討していくとともに、 関係行政機関が速やかに連携して対応できる体制を整えていくことが、課題となっています。

関係法令

自然公園法、総合保養地域整備法(リゾート法)、文化財保護法、河川法、港湾法、道路法、国有財産法、屋外広告物法、環境基本法、廃棄物処理法、水質汚濁防止法、湖沼水質保全特別措置法、小型船舶登録法、漁船法、福島県猪苗代湖及び裏磐梯湖沼群の水環境の保全に関する条例、福島県景観条例、福島県プレジャーボート事故防止条例、福島県屋外広告物条例

猪苗代湖と磐梯山 「猪苗代湖と磐梯山」(撮影場所:天神浜)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。