ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ESCO事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月1日更新

ESCO事業・・・(Energy Service Company の略)

 四時ダムESCO事業は、民間の持つ資金、経営能力等を活用し、民間事業者が新たに水力発電機を設置して発電を行うとともに、ダム管理所等の電気設備の省エネルギー化を図る事業で下記の事業効果が望めます。

  1. 水力発電設備等の整備に関する県の初期投資が必要ありません。(ゼロ予算事業)
  2. ダム管理費の削減(施設の省エネルギー化)がはかれます。
  3. 契約期間(19年)終了後は、小水力発電設備等が県に無償譲渡され、その後の売電収入等のメリットをすべて県が享受できます。

 【事業概要】

 利 用 河 川 : 2級河川鮫川水系四時川(四時ダム)

 最 大 出 力 : 470kw   年間発生電力量:275万kwh(一般家庭の760世帯分に相当)

 最大使用水量 : 1.0m3/s

   【経過】

平成25年1月   ESCO事業提案型募集要項等資料配布

      3月   提案内容のプレゼンテーション及びヒアリング

           最優秀提案を決定

      11月   NK福島水力発電株式会社の設立

           契約締結

           再生可能エネルギー発電設備認定申請書 提出

      12月   現地ボーリング調査

           詳細設計開始

           系統連係申込

 平成26年9月   詳細設計完了

           水利使用に関する河川法の許可申請提出

      11月   (13日)起工式          

平成27年3月   工事完了

      4月   安全祈願祭・発電開始式

      4月24日(金曜日) 福島県知事 (代理 福知事 畠 利行)、福島県議会議長 (代理 副議長 青木 稔 様)、いわき市長 清水敏男 様 をはじめ多くのご来賓、関係者出席のもと安全祈願祭、発電開始式を執り行いました。

安全祈願祭安全祈願祭への参列者の方々発電開始式(発電起動及びくす玉開放)発電所の内部も公開

ESCO事業パンフレット [PDFファイル/1.57MB]

ESCO事業パンフレット

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。