ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 福利課 > 在校(庁)時間等調査の概要

在校(庁)時間等調査の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

調査の概要

 福島県教育委員会では、平成26年7月より、職員の長時間勤務による健康障害を防止するため、一定時間以上の時間外勤務を行った教職員等を把握し、医師による面接指導等を実施するため、在校(庁)時間等調査を実施しています。

1 調査対象

 本庁、教育事務所、教育センター・図書館等、県立学校(高等学校、特別支援学校)の職員(管理職、非常勤職員は除く)

2 報告対象

 1の職員のうち、(1)~(3)の職員について、各所属から報告をいただき、医師による面接指導等を実施しています。

  (1)1月当たりの時間外勤務(※)が80時間以上(平成29年度までは100時間以上)の者

  (2)1月当たりの時間外勤務(※)が45時間以上80時間未満で、健康上の不安を有している者

  (3)所属長が健康への配慮が必要であると認める者

    

  (※)「1月当たりの時間外勤務」とは

     教員については、在校(庁)時間から、1日あたりの正規の勤務時間(平日7時間45分)と休憩時間(同45分)を
    合わせた1日8時間30分を減じた時間を1月単位で集計しています。平日1日のモデルで見ると、太線部分の時間
    を指します。
     部活動指導や教材研究、許可を得て他団体事務に従事した時間等が含まれます。

時間外

正規の勤務時間

正規の勤務時間

時間外

                         8時15分                                                                   16時45分

     事務職については、超過勤務命令に基づき、超過勤務を行った時間を1月単位で集計しています。

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。