ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福島県 新型コロナウイルス感染症関連情報ポータル

文字の大きさ 拡大標準

福島県公式Twitterでは新型コロナウイルス感染症に関する情報を発信しています。

トップ > 感染症対策 > 感染症対策 > 【新型コロナウイルス感染症】宿泊療養施設で療養される皆さまへ

【新型コロナウイルス感染症】宿泊療養施設で療養される皆さまへ

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年12月12日更新

 宿泊療養施設で療養される皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、無症状者や軽症者の方が宿泊施設で療養できるよう県では宿泊療養施設を運営しています。

 皆様が安心・安全にお過ごしいただくため、以下の点についてご確認をお願いします。
 なお、入所時に詳細についてご説明いたします。

1 宿泊施設での生活について

〈施設の設備について〉

・お風呂、お手洗い  :お部屋内浴室、トイレをご使用ください。 ​

・清掃・洗濯 :お部屋内の清掃はご自身で行ってください。洗濯は、お部屋内の浴室にて手洗いをお願いします。(洗剤はホテルにあります。) 

・ごみ :お部屋でビニール袋にまとめておき、指定場所にお出しいただきます。

・Wi-Fi  :館内でご自由にご利用いただけます。

 〈食事〉 

・1 日3 食ご提供します。毎食指定場所に配置しますので、ご自身で受け取りをお願いします。

  〇時間帯の目安 朝食:7時半頃~8 時頃、昼食:12 時頃、夕食:18 時頃 

・お弁当のほかに、おかゆ、ゼリー等の補食を常備しています。

・飲み物は水、お茶、コーヒー等常備しています。(嗜好品の提供はありませんので、必要時はご持参下さい。)

・食事は食物アレルギー等に対応しておりません。(ご自身で取り除いていただきます)

 〈生活全般〉

・建物の外に出ることはできません。建物内の行動可能エリア内で生活していただきます。原則として、各自のお部屋内に留まっていただくようお願いします。(介助・介護等のサービスはございません。)

・宿泊療養施設内は、禁煙、禁酒です。タバコ(電子タバコを含む)、酒類の持ち込みはできません。

・ネットショッピングの受け取りはできません。

・ご家族等による差し入れは原則認めておりません。(例外:お薬等必要と認められるもの) 

・ご家族等との面会はできません。

・中学生以下のお子様の場合は、付き添いの方が一緒に入所していただく必要があります。

・健康観察のため、毎日2回以上検温・酸素飽和度の測定を行っていただきます(看護師が電話で聞き取りいたします)。 

・療養中は、事務職員や看護師等の指示や施設のルールに従っていただくようお願いします。(指示やルールに従わない方や迷惑行為をする方は退所いただく場合があります。)

2 入所時にご自身で用意していただくもの 

○ 衣類(部屋着、下着)原則 1 週間分程度 ※ 必ずお持ちください。

○ 保険証、陽性であることの確認書類(医療機関から渡されたチラシ、登録センターからのメール、服用説明書)
 
〇 携帯電話、スマートフォン等を利用する場合の充電器 

〇(女性)生理用品(用意はしておりますが、数に限りがございます。)

〇 服薬中の薬がある場合は、必ず持参してください。宿泊療養施設で療養している間は、かかりつけ医への受診はできません。(残薬が十分あることをご確認ください。)

〇その他、一般的に入院に必要なもの

 

宿泊療養施設
圏域 ホテル数 受入規模
県北 2施設

346室

県中

2施設 242室
県南 1施設 90室
会津 1施設 24室
相双

1施設

115室
いわき 3施設 407室
    計:1,224室

 

福島県 新型コロナウイルス感染症対策本部福島県庁へのアクセス

Copyright c 2020 Fukushima PrefectureAll Rights Reserved.