ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福島県 新型コロナウイルス感染症関連情報ポータル

文字の大きさ 拡大標準

福島県公式Twitterでは新型コロナウイルス感染症に関する情報を発信しています。

トップ > 新型コロナウイルス感染症について > 新型コロナウイルス感染症について > 【新型コロナ】県民の皆様への注意喚起

【新型コロナ】県民の皆様への注意喚起

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月19日更新

過去のお知らせはこちらからご覧ください。
■ 令和3年7月~9月
■ ~令和3年6月

南相馬市における新型コロナウイルス感染症集中対策(令和4年1月19日)

 感染が急拡大している状況を踏まえ、南相馬市において新型コロナウイルス感染症集中対策を実施します。

 南相馬市民の皆さまにおかれましては、人の流れを抑えるため、1月21日から2月6日までの間、不要不急の外出を自粛していただきますようお願いします。

南相馬市における新型コロナウイルス感染症集中対策

 

福島県の感染レベルは2(警戒を強化すべきレベル)です(令和4年1月14日)

 県内における感染者の急激な増加から、福島県においても感染の「第6波」に入ったものと認識しています。

 県といたしましては、このような状況やモニタリング指標の推移、さらに本県への影響が大きい首都圏や隣県の感染状況等を総合的に勘案し、福島県の感染レベルを、「レベル1(維持すべきレベル)」から「レベル2(警戒を強化すべきレベル)」に引き上げることといたしました。

 感染拡大を食い止めるため、感染防止対策の徹底、人流の抑制、人との接触機会の削減に県全体で取り組むことが重要です。

 基本的な感染対策の徹底に加えて、

皆様にはご不便とご苦労をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

福島県はレベル2警戒強化です

対策強化のお願い

マスクをつけられない方へのご理解をお願いします(令和4年1月14日)

マスクをつけたくても着けられない方がいます

 発達障害、感覚過敏、呼吸機能障害等のさまざまな原因で、マスクを着けると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変を感じてしまい、マスクをつけたくてもつけられない方がいます。

 このような方は、外見からはわかりづらいため、周囲から厳しい視線を向けられたり、心無い批判を受けることがあります。

県民の皆さまの理解が必要です

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「マスクの着用」が推奨されていますが、マスクを着けていない方を見かけたら、まずは「何か事情があるかもしれない」と想像してみてください。

 マスクをつけられない方がいることを知り、思いやりのある行動をお願いします。

厚生労働省「マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について」(外部リンク)

 

冬休み・年末年始を安全に過ごすためのお願い(令和3年12月28日)

1 帰省や旅行等、移動する際は、基本的な感染防止対策を徹底しましょう。

2 飲食時は感染のリスクが高まるため、特に注意し、感染防止対策を徹底してください。

冬休み・年末年始を安全に過ごすためのお願い

オミクロン株による感染拡大が懸念されています

 

感染の再拡大を防ぐ(令和3年12月10日)

 新たな変異株であるオミクロン株は、感染力が高く、既存のワクチン効果の低下や、再感染リスクの増加が懸念されています。

 引き続き、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

感染の再拡大を防ぐ

詳しい情報はこちらから

 

福島県 新型コロナウイルス感染症対策本部福島県庁へのアクセス

Copyright c 2020 Fukushima PrefectureAll Rights Reserved.