ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福島県 新型コロナウイルス感染症関連情報ポータル

文字の大きさ 拡大標準

福島県公式Twitterでは新型コロナウイルス感染症に関する情報を発信しています。

トップ > 新型コロナウイルス感染症について > 新型コロナウイルス感染症について > 【新型コロナ】県民の皆様への注意喚起

【新型コロナ】県民の皆様への注意喚起

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月28日更新

過去のお知らせはこちらからご覧ください。

第5波に最大限の警戒を(令和3年7月28日)
ー感染力の強いデルタ株への置き換わりが進んでいますー

 今月、県内で初めてデルタ株の主要変異である「L452R」が確認され以降、次々と県内各地で「L452R」の確認が報告されています。デルタ株は、「感染力が高い」 「入院リスクが高い」 「ワクチンの効果を弱める」などの可能性が指摘されています。

 県民お一人お一人が、基本的な感染対策を徹底し、感染リスクの高い行動を控えるなど、慎重な行動をお願いします。

クラスター多数発生中

 今月はクラスターが20件確認され、特に飲食由来の感染が増加しています。

 飲食の機会は感染のリスクが高まります、大人数や長時間の会食を避けるなど、特に注意してください。

 クラスターが発生すると、爆発的な感染の拡大、医療提供体制の崩壊につながりますので、感染対策の徹底をお願いします。

第5波に最大限の警戒を

 

夏休み・お盆を安全に過ごすためのお願い(令和3年7月16日)

1 感染拡大地域等との不要不急の往来は控えましょう

2 飲食の機会は感染のリスクが高まりますので、特に注意しましょう 

3 東京オリンピック・パラリンピックは自宅で応援しましょう

お盆に向けた注意喚起 

6月以降の県内での感染事例(令和3年7月8日)

 緊急特別対策が解除された6月以降、県内では飲食の場を契機とした感染事例が多数確認されています。

 会話の際のマスク着用をはじめとした基本的な感染対策、出かける前の体温測定などの健康管理をしっかり行いましょう。

飲食に伴う感染事例

 接待を伴う飲食店において、利用客から従業員、従業員から利用客、従業員同士の感染があり、さらにその家族に感染が広がった事例があった。

 知人との会食においては、複数の会食の場に参加し感染が広がった事例もあった。 

居場所の切り替わりに伴う感染事例

 数百人規模のスポーツ大会に参加し、大会中はマスク着用等感染症対策を適切に実施していたが、大会後に飲食店で有志により飲食し、その中で感染が広がった。他にも同様の事例があった。

狭い空間での感染事例

 仕事同僚等と車内で長時間を共にして、感染した事例が見られた。

県内の感染事例(6月以降)

感染防止のためのポイント

この夏、県民の皆さんに特にお願いです。(令和3年7月1日)

 変異株への置き換わりが進み、感染の再拡大が懸念されます。夏休み等で外出機会が多くなるこの季節、改めて感染防止対策の確認等をお願いします。

1 人との間隔を十分に確保

2 移動先等の感染状況を確認

3 居場所の切り替わりに注意

この夏、県民の皆さんに特にお願いです

感染拡大防止のための基本対策(令和3年7月1日)

1 一人ひとりが基本的な感染症対策を徹底

2 症状がある場合は登校・出勤をしない 体調に異変がある場合はかかりつけ医に相談

3 飲食の機会は感染のリスクが高まるため特に注意 感染対策の徹底された飲食店を利用

4 感染拡大地域との不要不急の往来は控える

基本対策1

基本対策2

基本対策3

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県 新型コロナウイルス感染症対策本部福島県庁へのアクセス

Copyright c 2020 Fukushima PrefectureAll Rights Reserved.