ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福島県 新型コロナウイルス感染症関連情報ポータル

文字の大きさ 拡大標準

福島県公式Twitterでは新型コロナウイルス感染症に関する情報を発信しています。

トップ > 感染症対策 > 感染症対策 > 新型コロナウイルスに感染したときの対応について(感染急増時)

新型コロナウイルスに感染したときの対応について(感染急増時)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月13日更新

【目次】

1 県民のみなさまへ(お願い)

2 陽性者となられた方へ
 ■ 自宅療養をされる方へ

3 濃厚接触者の方へ

4 事業者の方へ

5 相談窓口

6 新型コロナウイルス感染症について(Q&A)

 

県民のみなさまへ(お願い)

 現在主流となったオミクロン株による感染が急増していることから、その特性(感染スピードが速いこと、軽症者割合が多いこと)を踏まえ、保健所においては、症状の重い方や重症化リスクが高い方に重点をおき、必要な医療に確実につなげる体制を取ることとします。

対象となる期間及び地域

 期間:1月28日から当面の期間

 地域:県内全域

陽性となられた方へ
濃厚接触者となられた方へ

 

陽性となられた方へ

 陽性者の増加に伴い、治療が必要な方を医療につなげることを最優先としています。

 濃厚接触者に該当する知人等、所属先(勤務先・学校等)へは、陽性者御本人から連絡をお願いします。

陽性となられた方にお願いしたいこと

 

自宅療養をされる方へ

 新型コロナウイルス感染症の検査等で陽性と診断があった方のうち、無症状または医学的に症状が軽い方は、県が用意する宿泊施設や自宅で療養いただいております。
 自宅療養になられた方は、こちらを御覧ください。

濃厚接触者の方へ

濃厚接触者とは

 濃厚接触者とは、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方(以下、感染者)と発症日2日前(無症状の場合は検査の2日前)から、近距離で接触、あるいは長時間接触し、感染の可能性が高くなっている方を指します。

 濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は、距離の近さと時間の長さです。必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合に濃厚接触者と考えられます。

濃厚接触者とは

 

濃厚接触者となった場合

濃厚接触者の確認方法

濃厚接触者の健康観察票

自宅待機期間の短縮について

 濃厚接触者となった方については、一定の要件を満たす場合に限り、待機期間の7日間を待たず、待機を解除することができます。(最短5日間)
 詳しくは、「濃厚接触者の自宅待機期間の短縮について」をご覧ください。
 なお、保健所の指示によらず、ご自身で濃厚接触者と判断して自宅待機されている方については、本取扱いにより待機を解除することについて、保健所に報告する必要はありません。

 

事業者の方へ

従業員に陽性者が確認された場合に必要なこと

 職場において次の対応をお願いします。

1 陽性が確認された従業員は、保健所が判断した療養先で療養していただきます。

 期間の目安は、症状がなくなってから3日を過ぎていれば、発症日から10日間です。

 ただし、無症状の方は検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に解除となります。
(この場合でも、10日間が経過するまでは、検温などご自身で健康状態の確認やリスクの高い場所の利用、会食等を避けてください。)

2 濃厚接触者の把握

 社会経済活動の維持に配慮しつつ、職場内の感染拡大防止に向け、以下の対応をお願いします。
 発症日の2日前から入院(または自宅等での療養)の開始までの患者の行動に基づき、濃厚接触者の把握をお願いします。濃厚接触者の対象範囲や健康観察期間の注意事項など詳しくは後述の「濃厚接触者の方へ」をご確認ください。

 【濃厚接触者の確認方法

3 濃厚接触者の自宅待機、健康観察

 濃厚接触者に該当すると判断された方は、陽性が確認された従業員と最後に接触した日から7日間、自宅で待機し、濃厚接触者自身による健康観察を行ってもらいます。

 【新型コロナウイルス感染症患者濃厚接触者の健康観察票

4 施設の消毒

 陽性が確認された従業員とその濃厚接触者が触れた可能性のある場所(テーブル、椅子、電話機、ドアノブ、スイッチ等)の消毒について、消毒薬(アルコール(70%)または次亜塩素酸ナトリウム(0.05%))を用いて実施してください。 

 

医療機関・高齢者施設・障がい者施設・保育園・幼稚園・小学校等の従事者である濃厚接触者の取扱いについて

 濃厚接触者となった以下の従事者については、一定の要件(※)を満たす場合、毎日の検査で陰性を確認することにより、自宅待機期間中であっても、業務に従事することが可能です。

【参考 厚生労働省事務連絡】

 

相談窓口

 新型コロナウイルス感染症に関するご相談はこちらから

 

新型コロナウイルス感染症について(Q&A)

 新型コロナウイルス感染症に関して寄せられたお問い合わせの内容はこちらから

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

福島県 新型コロナウイルス感染症対策本部福島県庁へのアクセス

Copyright c 2020 Fukushima PrefectureAll Rights Reserved.