ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

気候

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

福島県は、南から北へつらなる阿武隈高地と奥羽山脈によって、
中通り・会津・浜通りの3つの地方に分けられます。
同じ福島県でも、この3つの地方では、気候が大変違います。

福島県の図

グラフ--月別平均気温と降水量
(1971年~2000年までの平均)

中通り地方の気候

福島市

グラフ:中通り地方の気候

中通り地方は、日本海側と太平洋側の気候の中間の気候です。
夏は、山間部ではそれほど暑くなりませんが、盆地ではかなり蒸し暑くなります。
冬は冷たい風が吹き、雪も降ります。

会津地方の気候

会津若松市

グラフ:会津地方の気候

会津地方は、日本海側の気候で、夏は、山間部では涼しくなりますが、
盆地では蒸し暑くなります。
冬は、たくさんの雪が降り、気温もかなり低くなります。

浜通り地方の気候

いわき市

グラフ:浜通り地方の気候

浜通り地方は、太平洋側の気候で、梅雨の時期と秋に雨が多く、
夏も海からの涼しい風が吹き、それほど気温が上がりません。
冬は、県内で一番暖かく、雪がほとんど降りません。

桜前線

図:桜前線

紅葉前線

図:紅葉前線

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。