ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 商工業/観光/東京2020大会 > 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた復興推進の取組 > 【東京2020公認プログラム】ふくしまアイデアコンテストが開催されました

【東京2020公認プログラム】ふくしまアイデアコンテストが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月13日更新

【東京2020公認プログラム】ふくしまアイデアコンテストが開催されました

 2020年の東京オリンピック開幕1000日前となる10月28日、あづま総合体育館で【東京2020公認プログラム】ふくしまアイデアコンテストが開催されました。
 当日は、エントリーした10組の高校・大学生たちが熱意あふれるプレゼンを行った他、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の室伏広治さん(元ハンマー投げ選手、アテネ五輪 ハンマー投げ金メダリスト)や伊藤華英さん(元競泳選手、北京五輪、ロンドン五輪出場)からビデオメッセージが寄せられたり、審査委員長のなすびさんによる講演が行われました。
 なお、コンテストの結果は以下のとおりです。
最優秀賞:会津伝統野菜を未来へ…~東京オリンピックから世界へつなげる(福島県立会津農林高校農業園芸課)
優秀賞:温泉地で新しい温泉卓球の検討~短大生による福島の復興と地域を見直すきっかけづくり~(会津大学短期大学部幼児教育学科)
特別賞(1):福島から世界へ!!オリンピックへの挑戦(トライアスロン)(福島県立福島高等学校)
特別賞(2):みんなで作るウェブサイト~ありのままの福島を~(会津大学短期大学部産業情報学科経営情報コース)

プレゼン1プレゼン2

なすびさん講演表彰1

表彰2フリー1

フリー2集合写真
 

【東京2020公認プログラム】ふくしまアイデアコンテストが開催されます

 このことについて、ふくしまアイデアコンテスト(主催:ふくしまアイデアコンテスト実行委員会)が下記のとおり開催されます。
 エントリー受付はすでに締切りとなっておりますが、どなたでもご自由に観覧いただけますので、ぜひ会場へお越しください。
                                     記
1 日時  平成29年10月28日(土曜日) 10時00分~16時00分

2 場所  あづま総合体育館研修室(プレゼン会場)、体育室(展示ブース)

3 入場料 無料

4 概要
  東京2020大会の野球・ソフトボール競技の本県開催に向けた県内の盛り上げやレガシー創出に向けたアイディアを県内の大学生や高校生から募集し、当日プレゼン発表を行います。
  また、コンテスト開催後は、参加団体と意見交換を行う場も設けます。
  審査員には、福島市出身のタレント なすびさんや、北京パラリンピック柔道90キロ級に出場した初瀬勇輔選手が登場します。

5 お問い合わせ先
 ふくしまアイデアコンテスト実行委員会事務局
 福島大学人間発達文化学類 地域スポーツ製作研究所 蓮沼研究室
 Tel・Fax 024-548-8220

ふくしまアイディアコンテストチラシ [PDFファイル/682KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る