ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

復興支援税制


記事一覧

  • 法人県民税画像

    法人県民税
     東日本大震災により被災した法人については、一定の要件を満たす場合に申請により法人県民税の額が軽減されます。

  • 個人事業税画像

    個人事業税
     東日本大震災により被災した個人事業者については、一定の要件を満たしている場合、手続きをすることにより個人事業税の額が軽減されます。

  • 不動産取得税画像

    不動産取得税
     東日本大震災により被災した家屋に代わる家屋(以下、「代替家屋」といいます。)及び代替家屋の敷地を新たに取得した場合、一定の要件を満たしていれば、特例控除により不動産取得税の額が軽減されます。

  • 自動車税・自動車取得税画像

    自動車税・自動車取得税
     被災した自動車の代わりの自動車(以下、「代替自動車」といいます。)を取得した場合、申請により自動車取得税及び一定期間の自動車税が非課税となります。

  • 軽油引取税画像

    軽油引取税
     特別徴収義務者が所有する未課税軽油又は免税軽油使用者等が所有する免税軽油が、東日本大震災などにより、流出、滅失、汚水等の冠水等により本来の用途に使用できなくなった場合、手続きをすることにより軽油引取税が減免されます。

  • 復興産業集積区域に係る県税の課税免除について画像

    復興産業集積区域に係る県税の課税免除について
     認定地方公共団体の指定を受けた事業者(指定事業者)が、復興産業集積区域内※において、一定の事業用の施設等(機械・装置、建物・建物附属設備、構築物)を取得して事業に用いた場合、申請により、法人事業税、個人事業税、不動産取得税などの課税免除を受けることができます。
    ※ 復興産業集積区域:認定復興推進計画に定められた区域

  • 福島復興再生特別措置法に係る県税の課税免除について画像

    福島復興再生特別措置法に係る県税の課税免除について
     福島復興再生特別措置法の改正(平成25年5月10日施行)により、企業立地促進区域(新規事業者)及び避難解除区域等(既存事業者)内において、一定の事業用の施設等(機械・装置、建物・建物附属設備、構築物)を取得して事業に用いた場合、申請により、法人事業税、個人事業税、不動産取得税などの課税免除を受けることができます。


トップに戻る